東京ガーデンテラス紀尾井町 様

オフィス・ホテル・商業施設など大規模複合施設へCGSを導入

ガスコージェネレーションシステムが支える紀尾井町のランドマークの安全・安心。

ホテルを含む複合市街地開発におけるエネルギーの課題

「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、地上36階のオフィス・ホテル・商業施設などを兼ね備えた「紀尾井タワー」、地上21階135戸の住宅棟「紀尾井レジデンス」、旧李王家東京邸を保存復原した「赤坂プリンス クラシックハウス」からなる複合市街地として2016年に誕生しました。その際に、

  1. 停電時でも建物内で電気を使いたい(BCP対策)。
  2. 非常用発電機の継続性・信頼性を高めた設備設計を行いたい。
  3. 効率の良いエネルギーシステムを採用したい。
  4. 電力のピークカットを実現したい。
  5. 経費の平準化と突発する修理費のリスクを回避したい。

とのご要望に沿って、非常時の対策強化と、平常時の省エネ・省CO2を実現する設備提案をしました。

自立起動が可能な分散型発電で、非常時のエネルギーセキュリティ強化と平常時の省エネ・省CO2実現

系統電力が停電しても自立起動が可能な分散型発電=ガスコージェネレーションシステム(コージェネ)を導入したことで安全・安心を確保。耐震性に優れた中圧ガス導管の利用で、長時間の非常用発電機のバックアップも可能となりました。また、廃熱や蒸気、ガスなど多彩なエネルギーを利用したシステムとしたことで省エネを実現し、自家発電+ガス空調による大幅な節電も実現。設計施工からメンテナンスまでの費用を定額化して提供するワンストップのエネルギーサービスの利用で、空調設備にかかる費用の将来の見通しも分かりやすくなりました。

自立起動が可能な分散型発電で安全・安心
中圧ガス導管を利用したガスコージェネレーションシステムで非常用発電機をバックアップ

お客さまの声

妹尾 寛仁 様
(株式会社西武プロパティーズ 都市開発部 ジェネラルマネジャー)

赤プリ跡地に誕生した東京の新たなランドマーク

紀尾井町は、江戸期以降の多くの史跡が残り、自然が保たれた貴重な都市空間です。「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、グランドプリンスホテル赤坂の跡地に、「緑と歴史に抱かれた、国際色豊かな複合市街地」をコンセプトとして、先進の機能と文化を備えた利用者のさまざまなニーズに応える「まち」として開発されました。

災害時でも事業を継続できる設備設計

私たちがこのプロジェクトを立案・実行していく中で、最も重要視したのが、安全・安心への配慮でした。近年さまざまな災害が起きている状況を考えると、ライフラインの確保は大変重要です。そのため、エネルギーサービスを活用したガスコージェネレーションシステムの採用により、万一の場合でもガスの供給が続く限り発電して事業が継続できるという東京ガスグループの提案を採用しました。電源の多重化によりエネルギーセキュリティが強化でき、お客さまの安全・安心をより確かなものにできました。「東京ガーデンテラス紀尾井町」が、歴史、自然、文化とここで働く人、暮らす人、くつろぐ人、楽しむ人それぞれの方にとって心地よい街になっていくことを願っています。

主な導入機器・設備

  • 停電対応型ガスコージェネレーションシステム

    1,000kW×2

  • 温水・蒸気投入型ガス吸収冷温水機(ジェネリンク)

    [冷房能力]1,758kW(500RT)×2台/[暖房能力]1,407kW×2台

  • ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)

    [冷房能力]1,758kW(500RT)×1台/[暖房能力]1,291kW×2台

  • エネルギーマネジメントサービス

お客さま概要

東京ガーデンテラス紀尾井町 様

所在地:東京都千代田区紀尾井町1-2他
敷地面積:約30,400㎡
延床面積:約227,200㎡
用途:ホテル(250室)、オフィス、商業施設、住宅(135戸)