清原スマートエネルギーセンター 様(建設中)

工業団地の大幅な省エネを実現するスマートエネルギーネットワーク!

栃木県宇都宮市の清原工業団地内にある複数企業の事業所(3企業7事業所)に対して、3万kW級のガスコージェネレーションシステム(コージェネ)を主体とした電力と熱(蒸気や温水)を供給する「清原スマートエネルギーセンター」の建設に2016年10月に着手いたしました。内陸型工業団地において、異業種複数事業所向けに電力と熱を合わせて供給する取り組みは、国内初の「工場間一体省エネルギー事業」となります。

省エネ・省CO2と供給安定性向上を実現

時間や時期によって需要状況の異なる異業種複数事業所の電力と熱の情報をエネルギーマネジメントシステムに集約し、このエリアのエネルギーネットワークにおいて電力と熱を賢く効率的に供給することで、約20%の省エネおよびCO2排出量の削減が見込まれており、事業所単独では実現できない規模の環境負荷低減を可能にします。さらに、コージェネにブラックアウトスタート仕様を採用することで、災害等による長期停電時における各事業所への電力と熱の供給が可能となり、供給安定性が向上します。

エネルギーの地産池消モデル事業

本事業は総務省の「分散型エネルギーインフラプロジェクト導入可能性調査事業」や「マスタープラン策定事業」に採択されてマスタープランを策定して以降、東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社を事業主体として「平成28年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業」(経済産業省)に採択され、事業実施に至りました。
本事業は国の温室効果ガス排出削減目標等を踏まえて策定された「とちぎエネルギー戦略」(栃木県)、「宇都宮市地球温暖化対策実行計画」(宇都宮市)に合致しており、エネルギーの地産地消モデル事業としての全国への発信が期待されています。

主な導入機器・設備

  • ガスコージェネレーションシステム 3万kW級
  • 貫流ボイラ 45t/h級