業種別ガイド|鉄鋼

鉄鋼にも、東京ガスのオーダーメイドのご提案!

「鉄鋼」分野の工場のお客さまへ

鉄鋼分野でも、CO₂排出量削減、省エネルギー、省スペース、安定供給の観点から天然ガスへの燃料転換が進んでいます。油燃料と比べて圧倒的に使いやすく、また、高温加熱分野で高い省エネルギー効果を発揮する高性能機器の採用により、天然ガスのメリットを最大限に活かし、CO₂排出量削減に大きく貢献できます。

オーダーメイドポイント

工業炉省エネ診断

燃焼排気分析や温度測定により工業炉の運転状況を計測し、省エネルギー改善をご提案いたします。

製品加熱試験で品質確認

弊社千住テクノステーションの設備で、実際に製品を加熱処理して、事前に確認できます。

安心燃料転換

天然ガスでバーナの燃焼試験を実施し、燃料転換がスムーズに行えるようにいたします。

特長

【特長1】60%CO₂排出削減
A重油からの燃料転換と高度利用で低炭素に貢献します。
<排出原単位>A重油:2.71kg-CO₂/l 都市ガス:2.29kg-CO₂/m³N
【特長2】50%省エネルギー・25%昇温時間短縮

酸素燃焼の採用により、省エネルギーが図れ、時間も大幅短縮。生産の効率化が、大きく前進します。
※55トン取鍋加熱設備を通常バーナから酸素燃焼化改造した場合

【特長3】30%炉長ダウンサイジング
リジェネレイティブバーナの採用によって、炉の小型化が図れます。
これにより、イニシャルコストの低減にもつながります。
【特長4】温度分布改善
燃焼と排気を交互に行う切替燃焼により、炉内温度分布を改善し、被加熱物を均一に加熱することができ、製品品質の安定性が向上します。

主な製鋼・鍛造工程でも、天然ガス利用が最適です

【取鍋受入】昇温時間短縮
酸素バーナ
高温火炎の酸素バーナを採用することにより、昇温を短時間で実現します。
さらに、従来の空気バーナに比べて、エネルギー使用量も約50%の削減となります。
【鍛造】予熱時間半減
メタルニットバーナ
型鍛造の金型予熱にメタルニットバーナを採用することで、以下のような利点があります。
昇温速度が速いため、予熱時間が半減します。
被加熱物の形状に合わせたバーナ設計が可能です。
均一な加熱によって金型の長寿命化が図れます。
【鋳造・圧延】有効熱効率アップ
圧延加熱炉・鍛造加熱炉
リジェネレイティブバーナ(蓄熱式熱交換器付)を採用することで、有効熱効率80%以上を実現します。
また、切替燃焼によって、炉内温度の均一化が図れます。
【熱処理】高い廃熱回収率を実現
リジェネレイティブラジアントチューブバーナ
リジェネレイティブラジアントチューブバーナは85%以上の高い廃熱回収率が特長です。
また、切替燃焼によって、ラジアントチューブの温度分布を大幅に改善し、長寿命化が図れます。
溶断も実績有
バーナの火口交換により天然ガスで鋼全般の切断ができ、他のガスと比較して同等の切断面、切断スピードが可能です。