横浜市生活環境の保全等に関する条例対応 (横浜市地球温暖化対策計画書制度)

都市ガスのエネルギー使用量の原油換算方法を教えてください。
原油換算エネルギー使用量=標準状態換算後の都市ガス使用量〔千Nm³〕×45〔GJ/千Nm³〕×0.0258〔kL/GJ〕」で計算されます。

横浜市地球温暖化対策計画書制度では、計画書等作成等マニュアルに「事業所等におけるエネルギー使用量の算定範囲等、原油換算エネルギー使用量の算定に関わる判断の基準は、原則省エネ法に準じています。」と記載されています。

(1)都市ガス使用量
都市ガスの場合、購買伝票(検針票等)に記載されたガス使用量

(2)単位発熱量
当社が供給する都市ガスの単位発熱量は45J/Nm³です。

(3)原油換算係数
0.0258kL/GJを用いることとされています。
都市ガスの使用量から温室効果ガス(CO₂)排出量をどのように算定するのでしょうか。
温室効果ガス(CO₂)排出量=標準状態換算後の都市ガス使用量〔千Nm³〕×都市ガスの単位発熱量45〔GJ/千Nm³〕×都市ガスの排出係数0.0139〔t-C/GJ〕×44/12

都市ガス使用量および都市ガスの単位発熱量については上記上記Q「都市ガスのエネルギー使用量の原油換算方法を教えてください。」をご参照ください。
都市ガス使用量の確認方法を教えてください。
毎月発行しております「検針票」でご確認頂けます。

詳細はこちらをご参照下さい。

参考:「一括請求サービス」のご案内
複数のご使用場所のガス料金(お客さま番号ごとの料金)を合計し、ご指定のご請求先に一括(1枚の「ご請求書」)で請求させていただく「一括請求サービス」をご利用頂ければ、複数の事業所のガス使用量の管理を本社等で一括管理したいというニーズにお応えすることができます。一括請求サービスのご利用条件やお申込み方法は、こちらをご参照ください。
横浜市地球温暖化対策計画書制度の対応をするために、毎月1日から月末までの使用量が把握できるよう、検針期間を変更できないでしょうか。
検針期間の変更を伴わずに、対応は可能です。

横浜市地球温暖化対策計画書制度では、計画書等作成等マニュアルに、対象となる事業所等の考え方として、「事業所等におけるエネルギー使用量の算定範囲等、原油換算エネルギー使用量の算定に関わる判断の基準は、原則省エネ法に準じています。」と記載されています。

省エネ法では、「年度ごと(4月1日~翌年3月31日)のエネルギー使用量を算入することが原則となりますが、検針日が月末最終日でないために年度単位の使用量が把握困難な場合は、4月1日以降の直近の検針日から翌年3月1日以降の直近の検針日までに示された計12ヶ月分の使用量を1年間の使用量として算入することもできます。」とされていますので、検針日によらず対応は可能です。

上記に該当する質問がない場合は、
下記からお問い合わせください。