エネルギーサービス

どんな設備機器でもいいの?
エネルギーサービスの対象となる設備機器に関しては、メンテナンスの都合上、弊社指定の機種を推奨させていただく場合がございます。また、工事に関してはお客さまごとに協議させていただきます。
誰でも申し込めるの?
リースを用いる契約になる場合は、リース会社の与信が必要です。
エネルギーサービスプロバイダとESCOと受託は何が違うの?
比較表(PDF:301KB)ご覧ください。
実績はあるの?
1999年の事業開始以来、店舗、病院、ホテルなどを中心に多数ご採用いただいています。
誰と契約するの?
東京ガスの100%子会社である東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社が、お客さまと相対契約させていただきます。
何年契約になるの?
受託の場合は通常ファイナンスリースを利用した契約になるので、期間は法定耐用年数の60~120%とする必要があります。たとえばガスエンジン発電機なら法定耐用年数が15年なので、9~18年となります。一般にエネルギーサービスでは10~15年程度の契約になります。
サービス開始までの期間は?
設置工事のほか、自治体への各種届出、電力会社との系統連系協議(東京ガスにて行います)などに時間を要するため、既存設備の改修で6ヶ月程度必要です。新築や補助金申請を伴う場合は、お客さまごとに協議の上スケジュールをご提示します。
契約期間が終わった後は?
その時点での機器の状態にもよりますが、お客さまとご協議の上、契約延長が可能であれば、サービス料金の低減などさらなるメリット創出も期待できます。
中途解約できるの?
契約時に定めた契約期間中は、原則として中途解約はできません。
機器が故障したらどうなるの?
フルメンテナンス契約なので、故意または重大な過失があった場合を除いて東京ガスグループが保証します。(修理中のエネルギー供給方法や天災・騒乱などによる故障は個別相談事項となります。)
補助金申請をする場合は?
お客さまと東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社との共同申請となります。補助金によりエネルギーサービス費用の低減がはかられます。
もっと詳しく聞きたい
質問内容はこちらよりお問い合わせください。東京ガスの専門スタッフが丁寧にお答えいたします。

上記に該当する質問がない場合は、
下記からお問い合わせください。