お知らせ

2003.02.19

「超コンパクト ガス吸収冷温水機」の販売を開始します

容積・設置面積ともに従来機の約3分の2!
−都市ガス3社選定のグリーン機種に新シリーズを追加−

 東京ガス株式会社(社長 上原 英治)、大阪ガス株式会社(社長 野村 明雄)、東邦ガス株式会社(社長 早川 敏生)の都市ガス三社は、株式会社日立製作所およびその関連会社である株式会社日立インダストリイズとの共同開発により、容積・設置面積ともに現行標準機の約3分の2と大幅にコンパクト化した「超コンパクト吸収冷温水機」を開発いたしました。冷房能力422〜1,055kW (120〜300USRT)の7機種を、2月19日より日立製作所が販売を開始致します。
なお、本シリーズ7機種は、東京ガス、大阪ガス、東邦ガスの吸収式グリーン制度においてグリーン機種として選定されております。

詳しくは、プレスリリースをご覧ください。

一覧に戻る
ページトップへ戻る