お知らせ

2003.08.07

高効率を実現した排熱投入型ガス吸収冷温水機「超省エネルギー型ジェネリンク」を共同開発

東京ガス株式会社(社長:市野 紀生)は、三洋電機空調株式会社(社長:島田 忠男)との共同開発により、従来機に対して、冷房効率を32%向上(冷房COP=1.45 注1)させるとともに、排熱投入時の燃料ガス削減率(注2)を15%から25%に増大させた排熱投入型ガス吸収冷温水機「超省エネルギー型ジェネリンク」を開発しました。
「超省エネルギー型ジェネリンク」は、352〜1,758kW(100〜500USRT)の10機種をラインアップし、2003年8月7日より発売します。

注1)COPの表記はすべてJIS基準で、ガス単独運転時・冷房時のもの。高位発熱量ベースでは1.32に相当する。
注2)定格条件において排熱を投入した場合に、排熱を投入しない場合と比較した燃料ガスを削減できる比率。

詳しくは プレスリリース をご覧下さい。

一覧に戻る
ページトップへ戻る