お知らせ

2012.10.30

「地球温暖化対策のための税」の導入に伴うガス料金の改定について

当社は、「地球温暖化対策のための税」が導入されることに伴い、平成24年12月1日を実施日とする一般ガス供給約款および選択約款の変更を経済産業大臣に届出いたしました。

「地球温暖化対策のための税」は、税制による地球温暖化対策の強化および、二酸化炭素排出抑制のための諸施策を実施していく観点から導入されるもので、「地球温暖化対策のための課税の特例(租税特別措置法 平成24年10月1日施行)」に基づき、平成24年10月1日に施行されました。

本改定により、東京地区等および鴻巣中南部地区では1m3(45MJ)につき0.21円、群馬地区および群馬南地区では1m3(43.14MJ)につき0.18円(ともに消費税込)をそれぞれ基準単位料金に上乗せいたします。

当社は今後も引き続き経営効率化を推進するとともに、天然ガスシフトの実現、および首都圏のエネルギー需給への貢献に向けた基盤整備、供給信頼性・安全性の向上、省エネルギー・地球温暖化防止の推進に努めてまいります。


この件に関するプレスリリースはこちらをご確認ください。

一覧に戻る
ページトップへ戻る