GHP(ガスヒーポン)

  • 概要
  • トピックス
  • メリット
  • 製品情報
  • メンテナンス
  • 採用事例

概要

GHPにできること。

ガスエンジンでコンプレッサーを駆使し、高確率の冷暖房を実現する空調システム

「GHP(ガスヒーポン)」とは、「ガスエンジン・ヒートポンプ・エアコン」の略。室外機のコンプレッサーをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプによって冷暖房をおこなう空調システムです。GHP(ガスヒーポン)には大きく分けて4つのパートがあり、この中を「冷媒」と呼ばれる物質が気体や液体に変化して循環しています。冷房と暖房では、冷媒の流れが逆になります。
GHP(ガスヒーポン)の暖房では、エンジンを動かすために使用したガスの廃熱も利用するため、霜取り運転をする必要がなく、電気式よりもパワフルでスピーディーな暖房を実現します。消費電力が電気のヒートポンプに比べて約10分の1になることから、契約電力に大きな余裕が生まれ、割引ガス料金制度もあるため、ランニングコストを大幅に節約することが可能です。
省エネ・省コストで年間を通じて快適な空間を創造するGHP(ガスヒーポン)は、さまざまな業種のお客さまからの高い支持を集めています。

ガスヒーポンの原理説明図

東京ガスは、最適な補助金のご提案から獲得まで強力にサポートいたします。

補助金・優遇税制についてはこちら
ページトップへ戻る
マイリスト開く
マイリスト閉じる

マイリスト

閉じる

気になる製品やページをご登録いただきますと、このマイリストからひと目でみつけることができます。ぜひご利用ください。
※マイリストを正しく表示するにはCookie 設定を必ず有効にしてください。
※マイリストは30日間保存されます。

マイリストに登録したページ

登録したページ 削除
選択したページを削除する

最近見たページ