ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)

「水」が冷媒のフロンを使用しない地球温暖化に配慮したビル空調機。

機器紹介

水の気化熱を利用した環境にやさしい空調システム。

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)は水の気化熱を利用し、冷房を行います。地球温暖化係数の高い特定フロンや代替フロンを使用せず、自然界に存在する「水」を冷媒とした環境にやさしい空調システムです。

導入のメリット

メリット1 夏場の電力需給バランスの改善に貢献

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)は夏季や昼間に生まれる電力需要のピークカット(kW)に効果的です。消費電力量(kWh)も削減できます。

メリット2 電気からガスへのリニューアルで省電力

電気冷暖房(ターボ冷凍機)からガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)に更新すると、夏期のピーク電力を大幅に低減します。

メリット3 自然冷媒「水」を利用したノンフロンガス冷暖房システム

冷媒は「水」。ノンフロンの自然冷媒を使用し、環境性を極めたシステムです。

メリット4 再生可能エネルギーを有効活用

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)は、太陽熱や木質ペレットなどの再生可能エネルギーの有効活用により、さらなるCO2の削減が可能となります。また、クリーンな都市ガスでバックアップすることで、供給量が不安定な再生可能エネルギーの活用でも、安定した能力の発揮が維持できます。

メリット5 廃熱利用でさらなる省エネ

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)は、多様な熱エネルギーを回収して冷熱に交換することができます。ガスコージェネレーションシステム(コージェネ)の廃熱を利用したジェネリンクでは、さらなる省エネ・省CO2を実現します。

ジェネリンクシステムフロー

ガスコージェネレーションシステムの廃熱との組み合わせ

※冷房定格値比較

機器詳細

さまざまな熱エネルギーを活用できる各種ナチュラルチラー。

【ナチュラルチラーの種類】

ナチュラルチラーは、熱エネルギーを回収して冷熱に変換することができます。この特性を生かして、ガスコージェネレーションシステム(コージェネ)の廃熱など、さまざまな温度レベルの廃熱を活用する機器をラインナップしています。

おすすめ機種ラインナップ

関連リンク

サポート

環境負荷低減の性能に優れた“グリーン機種”を厳選する「吸収式グリーン制度」。

東京ガス・大阪ガス・東邦ガスのガス3社では、環境面をはじめ、さまざまなメリットを持つガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)の中でも、特に環境負荷低減面で優れた性能・機能を有するガス焚きのガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)、及びジェネリンクを「グリーン機種」として選定する吸収式グリーン制度を設け、良質な機器の普及を積極的に推進しています。

グリーン機種の特長

  • 冷房COPは中小型機では1.1以上、大型機では1.3以上です。(05年度選定基準)
  • エネルギー効率が高いため、従来機種よりも経済的です。
  • ガス3社による厳正な審査により、高い品質と信頼性を確保しています。
  • 保証期間は5年を標準としており、万が一の故障の場合でも安心です。

グリーン機種の判定基準

  • 環境負荷低減に特出した性能を有していること (下表の1~5のいずれかの基準を満たすこと)
  • 経済性が成立するイニシャルコスト・ライフサイクルコストであること
  • 5年以上保証のメニューを標準で有すること(※)

※:お客さまに年間保守契約を締結いただくことが保証の条件となります。

導入事例

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)ご導入事例のご紹介。

オフィスビル
公共施設
ホテル
商業施設
病院

デジタルカタログ

地球温暖化防止に貢献する環境にやさしい空調システム。