タフジェット

  • トピックス
  • メリット
  • 製品情報
  • 採用事例

メリット

タフジェットの種類

号数、給排気方式などによって、タフジェットの種類はさまざま

号数(定格最大号数)

「1号」とは毎分1リットルの水を25℃(例:15℃→40℃)昇温する能力で、出力として約1.74kW(1,500kcal/h)です。

タフジェット 号数比較図

給排気方式

設置場所 種類 内容
屋外 屋外式 RF式(屋外式) 屋外に設置し、給排気を屋外で行なうものです。
屋内 半密閉燃焼式 FE式(強制排気式) 燃焼用の空気を屋内から取り、燃焼排ガスを機器内の
送風機を用いて強制的に屋外に排出するものです。
ダクト接続式 単独での排気筒設置が困難な業務用厨房で、機器の排気を所定の方法で排気ダクトに接続し、燃焼用の空気を屋内から取り、燃焼排ガスを排気ダクトから強制的に屋外に排出するものです。
密閉燃焼式 FF式(強制給排気式) 給排気管を外気に接する壁を貫通して屋外に出し、
給排気用送風機により強制的に給排気を行なうものです。

設置形態

壁掛型 建物の壁面に取り付ける方法です。
据置型 床上に据え置く方法です。壁掛型の機種も別売の据置台を使用すれば、据置型になるものがあります。
単独設置 機器1台ごとに運転する方法です。
マルチ設置 複数台の機器を連結運転して、大能力の給湯設備として使用する方法です。

熱効率

通常型 熱効率80%前後(HHV)です。
高効率型 潜熱回収によって熱効率が93~95%(HHV)と高効率です。
高効率型
該当機種
[16号]TP-S516SA-EH-L[20号]KG-S520RFWA-L[24号]TP-S524S-EH-L・KG-S524RFWA-L
[32号]NR-S532RFWA-L・TP-S532RFW-L
[50号]NR-S550RFW*-L*・TP-S550RFW-L・KG-S550RFW-*-L・KG-S550RF-*-L

潜熱回収(コンデンシング)の原理

最新の潜熱回収技術で高効率を実現

従来の一次熱交換器に加えて、二次熱交換器を搭載し、従来機では捨てていた排気ガスからエネルギーを回収します。排気ガス温度を約200℃から約80℃に下げることによる熱(顕熱)回収と同時に、排気ガス中に含まれている水蒸気を水に戻す潜熱回収により、熱効率93~95%(HHV)の高効率を実現しました。

熱交換器

タフジェットのメリット

パワフルな給湯能力の他にも、タフジェットならではの魅力がいっぱい

  1. コンパクト設計で省スペース

    コンパクト設計なので場所をとらず、スペースを有効活用できます。また、ユニット方式の採用により軽量化を実現。搬入が簡単で組み立て費も大幅に削減できます。

  2. 簡単操作で管理も容易

    タフジェットは瞬間湯沸器なので、取り扱い資格者は不要。誰でも蛇口をひねるだけでお湯が使え、掃除の手間や管理も省けます。

  3. 豊富なラインアップ

    大容量の給湯が必要な場合は、タフジェットを連結させる「タフジェットマルチ」が対応。豊富なラインナップにより、ムダのない最適な給湯プランが立てられます。

  4. 低NOx仕様だから環境にやさしい

    低NOxバーナーの採用により、NOx(窒素酸化物)の排出量削減に成功。油と違いクリーンな都市ガスをエネルギーとするので、ススや臭いが発生せず、周辺環境を守ります。

  5. 貯湯タンクがなく、少流量でも高効率

    必要なお湯を必要な時につくる瞬間式のため、貯湯タンクからの熱ロスが少なくなります。また、小水量の使用でも湯温の変化がなく、安定して給湯します。

東京ガスは、最適な補助金のご提案から獲得まで強力にサポートいたします。

補助金・優遇税制についてはこちら
ページトップへ戻る
マイリスト開く
マイリスト閉じる

マイリスト

閉じる

気になる製品やページをご登録いただきますと、このマイリストからひと目でみつけることができます。ぜひご利用ください。
※マイリストを正しく表示するにはCookie 設定を必ず有効にしてください。
※マイリストは30日間保存されます。

マイリストに登録したページ

登録したページ 削除
選択したページを削除する

最近見たページ