燃料の天然ガスへの切替え

天然ガスの特長

非在来型天然ガスの開発が進み、埋蔵量の豊かさに注目が集まる天然ガス。
他のエネルギーに比べ「クリーン性」「安全性」「供給安定性」にすぐれることから石炭・石油・LPGから天然ガスへのエネルギーシフトが期待されています。

クリーン性

メタン(CH4)を主成分とする天然ガスは、燃焼時のCO2排出量が少ない燃料です。さらに、大気汚染物質となる窒素酸化物(NOx)の排出が少なく、硫黄酸化物(SOx)も排出しない大変クリーンなエネルギーです。

供給安定性

天然ガスは世界各地に豊富な埋蔵量が確認されています。LNGとしても東南アジア・オセアニアを含む世界各地から輸出されており、供給安定性が高いといえます。

東京ガスの調達

東京ガスは、主に東南アジアやオーストラリアなど6カ国からLNG調達を行っており、中東依存度が低いことが特徴です。

燃料転換サポート

東京ガスによる燃料転換とは

東京ガスは天然ガスを供給するだけではなく、天然ガスに転換する際のお手伝いをさせていただきます。

  • 燃料転換対象全設備の事前調査
  • 既存配管ルート・気密確認
  • 燃焼設備の詳細調査
  • 燃料転換事業の実施計画

お客さまとともに、検討・提案させていただきます。

東京ガスが燃料転換を行うメリット

  1. 技術支援
    TG技術員の動員
  2. 安全面
    ガス主任技術者等熟練技術者が安全確実な作業
  3. 省エネ
    適正な調整により最適な燃焼状態を実現
  4. 工期圧縮
    人材を総動員して工期を圧縮。設備の停止期間に合わせて燃料転換
  5. 安心
    事前試験による品質確認も可能

豊富な技術・経験により、燃料転換後はより安全かつ省エネルギーな設備としてご使用いただけます。

燃料転換作業風景

切替作業支援

熱処理工場

お客さまの声

メーカーに燃料転換費用を問い合わせたところ、金額もさることながら、工期が1.5ヶ月もかかることが分かりました。
そこで東京ガスに相談、費用は1/3、工期も10日間で都市ガス化することができました。

自動車工場ご担当者様

古いアルミ連続熱処理炉を使用しています。30数本のバーナーが付いていますが、燃料転換前はその1/3が点火できませんでした。東京ガスの燃転後は、全てのバーナーが使用でき、炉内の温度分布も大幅に改善、エネルギー原単位の低減にもつながりました。

自動車工場ご担当者様

これまで重油のバーナーを使用していたが、点火に失敗することが多く、バーナーもすすで汚れがひどかった。天然ガス導入後はターンダウン(最大燃焼量と最小燃焼量の比)も大きく取ることができるようになり、なにより清掃の手間がほとんどかからなくなった。

硝子工場ご担当者様

連続浸炭炉を使用していますが、天然ガスを導入後、炉のスーティング(すすの付着)が改善しました。天然ガスでは、高濃度の浸炭処理は難しいと考えていましたが、製品品質も問題なく、同業他社にも紹介したいと思います。

熱処理工場ご担当者様

供給エリアと体制

幅広い供給エリアとお客さまの状況に合わせた供給体制

東京ガスではLNG(液化天然ガス)を専用のタンカーで輸入し、都市ガス製造工場のLNG地下タンクに貯蔵します。
その後、「パイプライン供給」「LNGローリー供給」等を通して広域にわたり、お客さまへ安定供給します。

供給エリア・導管網

パイプライン供給

製造された都市ガスは高圧パイプラインからガバナ(整圧器)ステーションに送られ、中圧に減圧されます。 大量にガスを使用する工場などには中圧パイプラインで、家庭やオフィスなどには地区ガバナでさらに減圧し、低圧パイプラインでお届けします。


都市ガスの供給方式

LNGローリー供給

ガス導管の設置されていない地域には、自社のLNGローリー車によりLNGを輸送し、お客さまの敷地内に設けたサテライト基地で、LNGの貯蔵・気化を行い、都市ガスとしてご利用いただいています。

どこでも供給可能

お客さまのご希望により、ローリー供給にて、ガスをご使用いただけます。
また、東日本大震災では緊急支援として東北方面へローリー輸送によるLNG供給を行いました。

日本一の規模と実績

東京ガスは、1969年より40年超の輸送実績、ノウハウ蓄積とローリー130台超の輸送能力があり、LNGローリー供給の規模と実績において日本のトップに立っています。



LNGローリー出荷実績の拡大
供給先の拡大

東京ガスの袖ヶ浦工場・根岸工場の2基地から150台を超えるローリー車で毎日出荷しています。万が一の災害時にも、強力なバックアップ体制で安定供給します。

出荷から安全なご使用までのトータルサポートサービス

サテライト&ローリー

サテライト
日常管理
  • LNG受入立ち会い1~1.5h/回
  • 3回/日の日常点検
  • 1回/年の自主検査と保安検査(各1日)(タンクは開放検査がありません。)
必要ユーティリティー
  • 電力(照明、制御盤、ポンプ動力用)
  • 窒素または圧縮空気(弁作動用)
  • 温水または蒸気(ベーパライザ熱源用)
  • 水(散水用)
モデルケース
LNG使用規模(t/年) 500 1,000 3,000 5,000 10,000 15,000
平均使用量(300日/年ベース)(t/日) 1.7 3.3 10 16.7 33.3 50
貯蔵量(t) 16.5 24.7 49.5 74.2 123.7 164.9
CEタンク容量(kl) 40×1 60×1 60×2 60×3 300×1 400×1
必要スペース(m×m) 10×10 10×11 10×16 10×20 15×25 16×26
第一種設備距離(学校病院等)(m) 19.5 22.4 29.3 34.8 43.9 50.2
第二種設備距離(一般住宅等)(m) 13 14.9 19.5 23.2 29.2 33.5
工程例
ローリー
  • 6.3~15.1tのローリーでお届けします。
  • 袖ヶ浦、根岸の2基地からお届けします。
  • ※2015年度より日立が稼働し、3基地体制となる予定です。
主な運用中ローリー種
積込量(t) 全長(m) 全幅(m) 全高(m) 必要道路幅(m)
6.3 11.6 2.5 3.1 6.4
10.5 14.5 2.5 3.5 6.9
12.3 16.4 2.5 3.7 7.4
13.3 16.4 2.5 3.7 7.6
14.3 16.5 2.5 3.4 7.5
15.1 17.0 2.5 3.4 7.7