1. 最適厨房ホーム
  2. 厨房談義トップ
  3. 厨房談義[第28回]

オピニオンリーダーが語る
厨房談義 第28回

17坪以下の飲食店での「効果的な厨房設計」とは?

小型の飲食店を繁盛店にするためには、
“人が集まるデザイン・設計”が求められます。

飲食店デザイン研究所 代表
齋藤俊一 氏

PROFILE

法政大学工学部建築学科卒業。大成建設設計本部在籍後、Pelli Clarke Pelli Architects Japan/光井純&アソシエイツに在籍。2008 年ハーミットクラブ一級建築士事務所設立し、2011年には千葉アトリエを開設。2015年株式会社ハーミットクラブデザイン設立、飲食店デザイン研究所、wacca(ワッカ)、楽暮(らくら) デザインブランドを立ち上げる。

飲食店のあり方が多様化し、オーナーの要望も複雑なものになっている近年、店鋪設計者には設計やデザインだけでなく、「集客力」「サービス力」「円滑な稼働率」などを実現できる提案力が求められるようになっています。

今回は、個性的な飲食店の企画・デザイン・設計を専門とする「飲食店デザイン研究所」の齋藤代表をお招きし、ハードとソフトの両面から飲食店設計に必要なノウハウをお話いただきました。

通常、小規模店舗は15坪程度が主流ですが、17坪を確保することで客数を増やす複数の設計プランが可能となり、店鋪の稼働率も向上できます。そこで今回は17坪という限られた面積のなかで、いかに効果的なデザイン・設計を実現し、店鋪としての稼働率を向上させるかについて、齋藤代表に詳しく伺いました。

このページは「myTOKYOGASビジネス」会員限定のコンテンツです。
以下よりログインしてご覧ください。

厨房談義トップへ戻る