料金・ご使用量実績照会

会員登録すると、検針票は配布されなくなりますか?
ガス/ガス電気合算契約:ガスメーター検針時にお配りしている検針票につきましては、ご登録後もこれまで通りお配りいたします。電気につきましては、ガスの検針票に請求金額等を表示させていただきます。
電気単独契約:会員登録の有無に関わらず検針票は配布されません。
myTOKYOGASビジネスで、複数の場所のガス・電気料金を調べられますか?
複数のガス・電気契約を一つのIDにご登録いただけます。
①いずれかの契約(お客さま番号)を用いて、myTOKYOGASビジネスへご登録いただきます。(会員登録の流れはこちらをご覧ください
②ご登録が完了しましたら、ログインをして残りの契約(お客さま番号)の追加登録を実施いただきます。
追加登録の手順はこちらをご覧ください
請求金額が空欄になっているのは何故ですか?
一括請求など複数の契約をまとめてご請求させていただくご契約をされている場合、請求金額は表示されません。
ガス料金試算の結果と請求金額が異なっているがなぜですか?
ガス料金試算は、なるべく早い時点でガス料金の概算をお知りになりたいお客さまのため、入力いただいたガス使用量に基づいた料金のみを試算しております。あくまでも目安としてとらえてください。
一度に複数のIDでログインして照会できますか?
ひとつのブラウザのタブを分けて、複数のIDでログインすることはできません。一度に複数のIDで照会したい場合は、以下の手順にてお願い致します。
(Internet Explorerの手順)
①ひとつのブラウザ上で、myTOKYOGASビジネスに接続し、まず1つめのIDでログインします。
②ブラウザのメニュー「ファイル」-「新規セッション」を選択し、ブラウザで新たに起動します。
③新規に起動したブラウザ上で、myTOKYOGASビジネスに接続し、①とは別のIDでログインしてください。
※Firefoxの場合は、②の操作でメニューから「新しいプライベートウィンドウを開く」を選択します。
今月の検針の実績があるが、料金実績が表示されない
一括請求サービスをご利用の場合は、ご契約に基づいた毎月の締め日を経た料金確定までは、サービスに加入している全ての情報は更新されません。
東京ガスの電気を契約しました。「myTOKYOGASビジネス」で照会することは可能でしょうか?
①既にmyTOKYOGASビジネスに登録しているガス契約とのガス・電気セット割契約の電気については、追加の処理なく自動的に照会可能となります。
②電気のみ単独でご契約いただいた場合は、照会対象追加登録を行ってください。(追加登録の手順はこちらをご覧ください。)
検針後、いつのタイミングで情報が照会できるようになりますか?
①ガス契約のみの場合、原則として検針日の翌々日(土・日・祝日・年末年始等を除く)以降から参照可能となります。
②ガス・電気セット割契約の場合、原則として、セットとしているガス契約の検針日の翌々日(土・日・祝日・年末年始等を除く)以降から参照可能となります。
③電気契約のみ(低圧)の場合、原則として送配電事業者の検針日の翌々日(土・日・祝日・年末年始等を除く)以降から参照可能となります。ただし、何らかの理由により送配電事業者からの検針データの連携が遅延した場合は、その限りではありません。
④電気契約のみ(特別高圧/高圧)の場合は、初回検針の情報は、初回計量日の10営業日後ごろに、2回目以降の情報は、計量日の5営業日後ごろにそれぞれ参照可能となります。
月別の料金・使用量について、照会できる範囲より過去の分を知りたいのですが。
myTOKYOGASビジネスで照会できる範囲以前の情報が必要な場合は、別途お客さまセンターへご依頼ください。
料金・使用実績照会画面で照会できる期間はどういう期間ですか?
①ガス契約について
ご契約期間のあるガス契約の場合は、契約期間の単位での照会になります。現契約の画面では、現在のご契約の開始月から最新月まで、前契約の画面では、その前の契約期間になります。契約期間のないご契約(一般供給約款等)については、直近の24ヶ月までとなります。
②電気契約について
直近の24ヶ月となります。
使用量照会における最大電力の表示について教えてください。
使用量照会(グラフ・表)上の最大電力は、照会いただいた時点でその月の30分実績使用電力量の最大値を2倍(1時間換算)した数字となります。あくまでも参考値であり、最終的な最大電力は翌月の電気料金確定後に請求書の最大電力に更新されます。
請求書の最大電力と30分実績電力量の最大値の2倍が異なるのはなぜですか?
請求書の最大電力は、30分最大需要電力計で測定した数値であり、専用の計量器で計測したものとなっております。
30分間の使用量を計測し、2倍とすることは変わりないのですが、計量器の違いにより端数にずれが生じます。
なお、使用量照会における最大電力はその時点までの参考値であり、その月の最大値は、請求書に記載のものが正しい値となりますので、あらかじめご了承願います。

上記に該当する質問がない場合は、
下記からお問い合わせください。