TOKYO GAS エネルギー・フロンティア
  厨房で働くあなたの心に着火 プロの厨房を応援する情報誌
Bo! [ボッ]
気になる 厨房アラカルト
 
  自然の風が入り口から入り、窓からすうっと抜けていく。それが理想の厨房。  
  一見、広すぎるほどの印象を与える「エディション・コウジ・シモムラ」の厨房。40坪ある店舗施設全体の3分の1を占め、さらには表通りにも面しています。ゆとりの厨房から外が見えるようにしたのは、その日の天候を感じ取り、お客さまの気持ちを察して調理するため。「働くスタッフが快適でなければ、よい料理は生まれない」。すべては下村シェフにとって、最高の料理をサービスするための必要条件なのです。  
  こだわり1 天井には、「換気天井システム」。天井全体が換気フードの役割を果たし、加熱スペースの調理廃棄を排出する。  
   
 
  気持ちよい厨房環境を実現する「換気天井システム」と、清掃効率を高める厨房設計。  
  そんな下村シェフの思いが隅々にまで行き届いた厨房は、効率的な換気を実現する「換気天井システム」を完備。コンロやグリドルなどの熱源から出た温かい調理排気は自然に吸い上げられ、逆に給気された冷たい空気は、デザートなどを調理するコールドテーブル付近の温度を低く保ちます。天井全体が換気フードの役割を果たすことで厨房内を涼しく保ち、スタッフが快適な環境で働けます。  
  こだわり2 シェフの視線で見た加熱スペースとサービステーブル。  
  また、見逃せないのが掃除のしやすさ。各作業テーブルと床の間に隙間がないため、清掃効率を大幅に高めています。そして、フランス料理の多彩な加熱・調理方法に対応するため、厨房機器はガスを基本に。日々の料理では、たとえばガス式のグリドルとコンロとを使いわけ、それぞれの持ち味を最大限に活かしているそうです。独立に至るまでの20年来の思いをもとに、スタッフの快適性と調理性を追求した理想の厨房。料理のようにすべてが下村流に表現された、まさに作品と呼ぶにふさわしい厨房です。  
  こだわり3 コンロ・グリドル¥ブラックの加熱スペースの上に、保湿用のシェルフを設置。  
 
  エディション・コウジ・シモムラ  
  東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ1F
03-5549-4562
http://www.koji-shimomura.jp/
 
  エディション・コウジ・シモムラの地図  
     
下村シェフの厨房についてさらに詳しい情報は
  独立開業への道 へ 先進ガス厨房事例 へ