BO! Vol.14 厨房で働くあなたの心に着火! ~ be on f ire! ~
7/12

じゃがいもを強火で炒めると、デンプン質が旨味成分に変身!焦げないように手早くかき混ぜるのがポイントなのだそう。AB今回まかないをつくってくれた岩下さん【写真右】そして、オーナーシェフの西口さん【写真左】東京都文京区白山4-37-22TEL:03-5319-3351http://www.volocosi.com12:00~13:30(L.O.)/18:00~21:30(L.O.)定休日:月曜・第3日曜・火曜ランチ●昼 ランチ 3,800円他 夜 本日のコース 9,000円他ヴォーロ・コズィVolo Cosi [イタリアン]西口シェフ直伝のミネストローネはまかないの定番。「実家でつくったら母に褒められました」とうれしそうに話してくれた岩下さん。スープに一体感を出すために、火を弱めて少しずつブロードを加えていく。火加減が大事!!おいしさのベストタイミングを追求した、コース料理に最適のガス厨房。ピカピカのコンロに感動!厨房をキレイにしておくのがイタリアの常識!「洗い場を入り口側に配置して、つくる人と運ぶ人の動線を一方通行にしました」と西口シェフ。理由はムダな動きを省き、最良のタイミングで料理を提供するためだと言う。計7口のコンロは、6種類から選べるパスタの調理でフル稼動。フライパンを背後に吊し、すぐ手に取れるよう工夫している。さらに、前菜は火から離れた場所でつくる徹底ぶり。コース料理が自慢の「ヴォーロ・コズィ」。その厨房からは、「一番おいしい時に食べてもらいたい」という強い想いが伝わってくる。手が届く範囲にすべてを凝縮!AB炎を使う料理はスピード勝負!「ヴォーロ・コズィ」の 厨房こだわりポイント!それぞれの素材の味が、ひとつの輪になってる!野菜なのにしっかりお腹にたまるから不思議~。え、まだ3年目?若いのにやるな~(笑)。炎のチカラでおいしさUP!06

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です