BO! Vol.14 厨房で働くあなたの心に着火! ~ be on f ire! ~
9/12

普通の料理の方法だと肉を生姜汁につけてから焼くんですが、これでは味が入っていかないし硬くなり焦げてしまいます。だから肉に軽く塩をして味を入れておくのが大事なんです。生理食塩水と同じ0.9%位の塩分があると旨味を感じる。こういう事を覚えておくと料理がおいしく仕上がるんですね。自然の味を知っていると、豚肉と言う素材の本当の味がそのまま味わえる。人間に本来備わった、味わう力に応えられる素直な味が引き出せると思います。僕にとって炎は、生きていく知恵なんです。アナログかもしれませんが、これを覚えないとできない仕事は、たくさんあります。だからつねに勉強して、炎を楽しもうと思っています。08【豚肉生姜焼き】口に入れ、噛んだ瞬間の柔らかさに驚く。肉汁のほんのりとした甘さを感じながらも、奥の方で生姜の味と香りが主張するしっかりとした味わい。豚肉の中からジワリと湧き出てくるような、深みのある味が楽しめる料理です。豚肉生姜焼き材料(4人分) 豚ロース 4枚 生姜 小1かけ キャベツ(繊切り) 120g サラダ油 大さじ2 たれ 醤油 60cc 酒 60cc 味醂 60cc作り方①: 肉は身と脂の間にある筋を包丁で刺すように切る。 塩を振って15分ほど置き、肉の表面の塩を サッと洗って水気を拭く。②: フライパンにサラダ油をひき、肉を並べてから火をつけ、 中火で焼く。焼き色がついて厚みの半分ほどまで 色が変わったら裏返して軽く焼き、たれを回し入れ、 強火にしてたれが煮立ったら肉を取り出す。③: たれが詰まったら生姜をすりおろしながら加え 肉を戻し、たれをからめて火を止める。④: 繊切りキャベツを器に盛り、食べやすく切った③をのせ、 上から煮詰めたたれをかける。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です