ジェネライトメンテナンスサービス

ジェネライトの性能を長期間維持し、安心してご使用いただくためのサービス。

サービス紹介

定期点検と遠隔監視と迅速な修理対応で、常に安定した運転を実現します。

注意事項
  • 2005年4月以降に設置されたジェネライトが対象となります。
  • 「ジェネライトメンテナンス契約」には「契約申込書」および口座振替の場合は「口座振替申込書」が必要となります。
  • 移転などによりジェネライトの使用を中止される場合は、お近くの東京ガスにお知らせください。解約までの料金を月割りでいただきます。(一括年払いであらかじめいただいている場合は返金いたします。)
  • 契約終了後(試運転から11年経過後以降)の取扱いについては、点検のみと定期部品交換を含む点検の2種類の契約となり、故障修理は別途有償となります。
  • メンテナンス契約のお申込みは試運転日より1年以内にいただくことを原則とします。また遠隔監視業務は、メンテナンス契約のお申込みにより、無償保証期間中からサービスを開始します。

※その他、契約に関する詳しい内容につきましては、メンテナンス契約約款をご確認ください。

ジェネライトメンテナンスサービスとは

小型ガスコージェネレーションシステム(ジェネライト)は、ガスエンジンを動力源としていますので、常に安定した運転を行うためには、自動車と同様に定期的な点検が必要です。
1年契約の「標準契約」と、10年契約の「長期契約」の2種類があり、「標準契約」は運転時間30,000時間を越えた場合のエンジンの故障修理が別途有償となるという違いがありますが、点検内容は同じで、どちらも「定期保守点検」、「故障修理」、「遠隔監視」を定額の1セットでサービス提供します。
遠隔監視にて24時間見守っていますので、万が一故障が発生した時でも、経験豊富なサービスエンジニアが出動し、迅速に対応しますので安心です。
なお、停電対応型のジェネライトについては、オプションメニューとして「自立運転点検」を追加できます。
また、メンテナンス契約終了後、12年目〜15年目の4年間は、「スポット点検」もご用意しています。