朝日生命保険相互会社 川崎ビル 様

事務所ビルのエネルギーコスト削減に関する課題をワンストップで解決

テナント様へ快適な空間を提供する事務所ビルのエネルギーの課題

朝日生命保険相互会社 川崎ビルは9階建ての事務所ビルです。
空調機はメンテナンスを重ねて19年ほど使用していましたが、経年劣化が進行したため、機器更新をご検討。そのタイミングで東京ガスからガスと電気のハイブリット空調「スマートマルチ」の提案がありました。

クラウド制御サービス「エネシンフォ」により、ガスと電気の運転比率が最適になるよう自動でコントロールされ手間なく省エネ・省コストを実現する他、エネルギーの見える化画面で、運転状況や想定コストメリットも日々確認できる「スマートマルチ」に興味をもっていただき、導入が決まりました。

※エネシンフォは別途、お申し込みとサービス料金の支払いが必要です。

お客さまの声

鈴木 伸一 様
(朝日不動産管理株式会社 東京第二支店 川崎管理事務所 所長)

スマートマルチの導入によって
電力デマンドは目標値を維持 ビル全体の光熱費は約17%削減※
”いいとこ取り”の効果を実感

「そろそろ空調を入れ替えなければ……」。ちょうどそんなタイミングで、東京ガスからスマートマルチの提案があり、興味を持ちました。
ガスと電気のいいとこ取りの「ハイブリット空調」で省エネ・省コストが期待できるのはもちろんのこと、室外機の省スペース化も図れ、空調工事費もGHP導入より安く済む点も決め手となりました。

いつも親身に相談に乗ってくれたので、設備改修もスムーズにできました。テナント入居者の皆さまにもご迷惑を掛けることなく、快適な環境を喜んでいただいており、感謝しています。
また、光熱費の削減にも満足しています。具体的には、ビル全体の光熱費が前年の夏の約17%減に。前年と比べ、導入した今年(2018年)が猛暑だったことを考えると、実際の効果はそれ以上のはず。大きなコスト削減効果を感じています。
また、電力デマンドがコントロールされ、スマートマルチ導入後も、導入前の電力デマンドを維持しています。

※●比較対象:2017年6~9月「GHP320馬力(20馬力×16台/1999年稼働)」、2018年6~9月「スマートマルチ(40馬力×8セット/2018年稼働)」●光熱費:ビル全体(空調・照明・エレベーターなど)のガス・電気料金を含み、サービス・保守メンテナンス費は除く●ご使用量・採用規模により削減量は異なります

主な導入機器・設備

  • スマートマルチ 40馬力(113kW)×8セット

お客さま概要

朝日生命保険相互会社

所在地:神奈川県川崎市川崎区南町16-1
用途:事務所ビル