涼しいガス厨房機器「涼厨(すずちゅう)」

涼しい厨房を実現する業務用ガス厨房機器シリーズ

「涼厨」とは

「涼厨(すずちゅう)」とは

動画で見る「涼厨」
涼厨の特徴である「快適」「節電」「安心」「簡単」や涼しくなる仕組みを映像でご覧いただけます。
「涼厨」4つの魅力

1.衛生
厨房室温を25℃以下で衛生的な厨房を実現
「涼厨」は機器からの輻射熱を抑え、燃焼排気の拡散を防ぐため空調負荷を低減します。
換気システム(置換換気)を組み合わせれば、厨房はさらに快適。

従来のガス厨房が30℃を超えることもあるのに対し、「涼厨」は常に25℃以下をキープ。快適で衛生管理に適した環境を実現します。


2.節電
低輻射・集中排気で空調負荷を軽減
「涼厨」なら従来のガス厨房より空調負荷を約30%低減(※)できます。つまり、節電に貢献しつつ空調にかかるエネルギーコストを低減でき、CO2排出量の削減もできるのです。


3.安心
機器表面が熱くないヤケドの心配がない
表面温度が低いので、万が一触れてもヤケドの心配がなく、機器の前に立っても熱さをほとんど感じないので、作業がしやすく、効率的です。


4.簡単
清掃が簡単
煮こぼれても焦げ付きが少ないので清掃が簡単です。

操作が簡単
デジタル温度管理、タイマー機能が付いており、調理操作が簡単です。

導入や入れ替えが簡単
機器のサイズも従来のものと変わらないので、入れ替えも簡単にできます。

「涼厨」と換気・空調

「涼厨」に高効率な換気・空調を組み合わせれば、さらに厨房環境を改善
飲食店の用途別電力消費比率の推計を見てみると、空調が約半分を占めていることがわかります。
厨房の省エネには、空調費の削減が不可欠。
東京ガスはこの空調費を削減するために「涼しいガス厨房機器『涼厨』」と「効率的な換気・空調システムの運用」をご提案しています。


「涼厨」に入れ替えるだけで、厨房室温が下がります
東京ガスの開発した「厨房環境シミュレーター」で厨房の解析をしてみました。
従来型の厨房を「涼厨」機器に変えると、厨房全体の温度が変化していることがわかります。
「涼厨」は、厚生労働省が策定した「大量調理施設衛生管理マニュアル」推奨される厨房温度25度以下を実現しやすくします。
 
さらに換気・空調を見直して厨房環境を改善

「換気」と「空調」の方式を変える、新しい置換換気方式
これまでの厨房では、スポット空調から吹き出してくる冷気が、厨房機器から排出される暑い排気をかき混ぜ、換気フードへの気流を妨げてしまうため、涼しく感じませんでした。
新しい置換換気方式は「暖かい空気は上昇する」「冷たい空気は下降する」という自然の法則を応用し調理排気と冷気を撹拌すること無く置き換える換気方式です。「涼厨」機器と組み合わせれば、さらに効果が高まります。


高効率な換気フードの選択
換気フードの高機能化、高効率化が進んでいます。調理排気の捕集率がきわめて高く、フードの取り換えだけで、空調排気を最大40%削減できる機器もあり、大幅なランニングコストが実現でき、衛生管理にも貢献します。

ガス空調なら電力ピークを大きく削減し、節電に貢献
ビルや店舗などの建物内でエネルギー使用量の大半を占める“冷暖房”を電気からガスに切り替えることで電力ピークカット・消費電力量の削減に大きく貢献し、無理なく、無駄なく節電することが出来ます。

換気量を制御してムダを無くす
今までは調理の状態に関係なくフル稼働であった排気の給排気ファンを、厨房機器の稼働状況にあわせて換気量を制御します。
快適性を損なわずに大幅な省エネを実現します。
 

体験する

東京ガス業務用ショールーム「厨BO!SHIODOME」では最新の厨房機器の体験や従来の厨房と「涼厨」採用厨房の比較体験ができます。
「HACCP」の考え方を取り入れ、衛生管理しやすい動線やレイアウト、設計上の工夫も紹介します。

製品情報

「涼厨(すずちゅう)」は32メーカー、636型式。充実のラインナップ

「涼厨(すずちゅう)」のおススメ機器のご紹介

「涼厨」食器洗浄機

進化した食器洗浄機で、快適な労働環境を実現。
最近、人手不足に悩むフードビジネスの方が増えています。特に、洗浄室は高温の蒸気が室内に拡散し、サウナの様な状態なので労働環境が劣悪。パートを雇ってもすぐに辞めてしまうという声を良く聞きました。
新商品の「涼厨」食器洗浄機なら、機器を触ってもヤケドの心配がなく、蒸気も大幅にカットするので、快適な厨房環境を実現します。
さらに、排熱も再利用するので、省エネを実現。ランニングコストも削減できます。
排熱回収タイプ「涼厨」食器洗浄機

製品のポイント
  • 省コスト

    「涼厨」仕様なので洗浄室の温熱環境が改善され、空調負荷が低減されます。排熱回収型の機種では、蒸気・排水・燃焼排ガスの排熱を回収し再利用するため、ランニングコストの削減が期待できます。

  • 省スペース

    燃焼式小型ヒーター「エコンバスター」搭載機種はすすぎタンクを内蔵。ガスブースタが不要になるため、余分なスペースを取りません。

「涼厨」ガススチームコンベクションオーブン

ガススチームコンベクションオーブンも「涼厨」で快適
「涼厨」のスチームコンベクションオーブンなら、燃焼排気を集中排気させることで燃焼排気が厨房室に拡散するのを防ぎ、快適な作業環境を実現するだけでなく、空調費の削減にもつながります。
「涼厨」ガススチームコンベクションオーブン

製品のポイント
  • 快適

    「涼厨」仕様で厨房の温熱環境が改善され快適に。

  • 省コスト

    厨房の室温が低減するので空調費が削減されます。

  • 高効率

    機器外装を断熱構造にすることで、機器表面を低くし、輻射熱を大幅に低減、発生されたエネルギーを無駄なく庫内で使用するので高効率です。

  • 安心

    機器本体が熱くないのでヤケドの心配が少なくなり安心です。

「涼厨®」コンロ

「涼厨」コンロなら快適と安全が実現
今までの業務用ガスコンロは、ガス・炎のもつ強い火力が特長である一方で、輻射熱や燃焼排気熱の拡散により、厨房空間が暑くなりやすいという課題がありました。「涼厨」ガスコンロは、暑い燃焼排気熱のあふれを抑制することで、厨房の暑さ対策に貢献します。
たとえば、「涼厨」コンロを使えば、従来の機器と比べ、調理時の腹部近辺の温度を低減。フライパンなどの調理器具の取っ手の温度も低減するので、ヤケドの心配も少なくなります。立ち消え安全装置付きで、万一火が消えたときでも安心です。
「涼厨」立ち消え安全装置付きテーブルコンロ/オザキ株式会社
 
 


「涼厨」立ち消え安全装置付きテーブルコンロ/リンナイ株式会社
 
 

「涼厨」パンオーブン

機器からの輻射熱を抑え、触っても熱くない! 厨房の温度上昇を防ぐ「涼厨」パンオーブン
快適なガス厨房機器シリーズ「涼厨」のパンオーブンは、ドアガラスの3重化でオーブン表面に空気断熱層を設けることで、輻射熱をカット。熱せられた炉内からの熱い排気熱は本体後方からまとめて排気するので厨房内の温度上昇を抑制。空調費の削減もできます。
「涼厨」パンオーブン

製品のポイント
  • 快適

    「涼厨」仕様で厨房の温熱環境が改善され快適に。

  • 省コスト

    厨房の室温が低減するので空調費が削減されます。

  • 高効率

    機器外装を断熱構造にすることで、機器表面を低くし、輻射熱を大幅に低減、発生されたエネルギーを無駄なく庫内で使用するので高効率です。

  • 安心

    機器本体が熱くないのでヤケドの心配が少なくなり安心です。

導入事例

動画で見る「涼厨(すずちゅう)」お客さまの声

  • 東京ガスのエネルギートータル提案
    シーフードレストラン「PIER-01」様
  • 食器洗浄機で省エネ&ランニングコスト削減
    中国料理「煌蘭」 畔蒜俊光様
  • 東京ステーションホテル
    総料理長 石原雅弘 様
  • 日高屋
    信濃町駅前店 様
  • 昭和女子大学附属昭和小学校
    給食部副部長 栄養士 細谷 純子 様

「涼厨」導入事例のご紹介

  • HATAKE AOYAMA
    神保 佳永 様
  • 平沼 田中屋
    鈴木 俊弘 様
  • がん研究会有明病院 栄養科 元科長
    松本 三千代 様
  • トゥーランドット臥龍居
    脇屋 友詞 様
  • 目黒区立碑小学校 栄養職員
    阿部 ミヨ 様
  • 横浜国立大学 生活協同組合 専務理事
    山内 潔 様