日本橋室町地区 様

三井不動産TGスマートエナジー株式会社【スマートエネルギーネットワーク】

開発計画(2019年供給開始予定)

日本橋室町地区は、2019年4月の地域電力供給・熱供給事業の開始に向け、準備を進めています。大型高効率ガスコージェネレーションシステム(以下、CGS)を導入する日本橋室町三丁目の再開発区域内だけでなく、それ以外の既存のオフィスビルや商業施設に対しても電気と熱の供給を検討しています。都心部の既存街区に自立分散型電源による電力を供給する事業は日本初で、既存街区を含めたエリア全体のスマート化を推進するとともに、都市防災力を飛躍的に高める新たな取り組みでまちづくりに貢献します。

【POINT1】特定送配電事業による既存街区も含めた電力供給

大型高効率CGSを設置する日本橋室町三丁目の再開発区域に加え、既存のオフィスビルや商業施設に対して特定送配電事業の自営線により電力供給を実施する日本初の取り組みです。本事業では系統電力とCGS電力を合わせた最大約5万kWを、既存街区を含めた建物総延床面積約100万㎡への供給が可能です。

【POINT2】CGSを活用した、BCDの実現による都市防災力の向上

非常時に系統電力が停止した場合でも、東日本大震災時にも供給が途絶えなかった中圧ガスを活用したCGSにより、各施設への電力の供給が可能です。停電時における再開発地区・既存街区への電力供給により、エリア全体のBCD実現に貢献します。

【POINT3】CGS廃熱の有効利用によるエリア全体のCO₂削減

CGSの発電時に発生する廃熱を有効活用し、空調などに利用する温水・冷水・蒸気を製造し、各建物に供給します。再開発区域だけでなく、既存街区にも供給していくことで、廃熱利用率を高め、面的まちづくりによる低炭素化に貢献します。

日本橋スマートシティプロジェクトについては、三井不動産TGスマートエナジー株式会社のホームページでもご覧いただけます。
※三井不動産TGスマートエナジー株式会社は、三井不動産と東京ガスの出資により設立された熱供給会社です。