ガスコージェネレーションシステム

時代は分散型エネルギー社会へ。安心と省エネを実現する電気と熱の併給システム。

機器紹介

電気をつくる際の廃熱を冷房・暖房・給湯・蒸気などに有効利用。

ガスコージェネレーションシステム(CGS:Co-Generation System)は、クリーンな都市ガスを燃料として、必要な場所で電気をつくり、同時に発生する熱を冷房・暖房・給湯・蒸気などに利用できるシステムです。
東日本大震災以降、エネルギー供給のあり方が見直され、防災性の観点からもCGS等の分散型電源の役割が重視されています。そのため、国や自治体もCGS普及促進のためのさまざまな優遇策を打ち出しています。

導入のメリット

メリット1 省エネルギー・省CO₂
■使用する場所で発電する「分散型発電システム」
送電ロスもなく、発電と同時に発生する熱を有効利用できるため、高いエネルギー効率を実現。また、廃熱を冷暖房・給湯に利用することで、熱源設備の省エネルギーに貢献します。

 

 ■CO₂排出量を削減し、環境保全に貢献
都市ガスのクリーン性や廃熱の有効利用により、従来システムに比べてCO₂排出量を約1/3削減する効果があります。

 

メリット2 電力のピークカット
ガス空調(吸収冷温水機等)との組み合わせでピークを抑制し、節電や負荷平準化に貢献。契約電力や買電量の削減により、電力料金を低減することができます。

 

メリット3 再生可能エネルギーを補完し、VPPに貢献
起動性、負荷追随に優れたガスコージェネレーションシステムは、再生可能エネルギーの出力調整機能を担うことが可能。また、点在する電源を統合制御し、あたかもひとつの発電所(VPP※)のように機能させ、電力の需給安定化に貢献します。
※VPP:Virtual Power Plantの略、仮想発電所

 

メリット4 容積率緩和の適用で事業性向上
国土交通省は、ガスコージェネレーションシステムを導入する建築物の容積率緩和を認めています。機械室分が建物の限度容積に入らないため事業性が向上します。
メリット5 エネルギーセキュリティが向上
■電源の多重化によるBCP対策
通常時は電力会社からの電力とガスコージェネレーションシステムの発電電力を系統連系し、電力需要の一部をまかないます。災害などで電力会社からの電力供給が停止した場合は、停電対応型ガスコージェネレーションシステムを自立起動し、電力供給の継続(BCP:事業継続)が可能に。

 

 ■停電時も、保安負荷に長時間供給が可能
スプリンクラーや誘導灯などの防災負荷は非常用発電機で対応し、事業継続に必要となる保安負荷は停電対応型ガスコージェネレーションシステムでのバックアップが可能です。

 

 ■万一の断水時も運転を継続
非常時に断水が起きた場合は、冷却塔での冷却ができなくなります。停電対応型ガスコージェネレーションシステム(空冷対応)なら、冷却塔の代わりにラジエータを稼働し運転を継続。通常時から全てラジエータで冷却を行う全空冷タイプ(ジェネライト)もあります。