ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)

「水」が冷媒のフロンを使用しない地球温暖化に配慮したビル空調機。

機器紹介

水の気化熱を利用した環境にやさしい空調システム。

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)は水の気化熱を利用し、冷房を行います。地球温暖化係数の高い特定フロンや代替フロンを使用せず、自然界に存在する「水」を冷媒とした環境にやさしい空調システムです。

導入のメリット

メリット1 夏場の電力需給バランスの改善に貢献

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)は夏季や昼間に生まれる電力需要のピークカット(kW)に効果的です。消費電力量(kWh)も削減できます。

メリット2 電気からガスへのリニューアルで省電力

電気冷暖房(ターボ冷凍機)からガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)に更新すると、夏期のピーク電力を大幅に低減します。

メリット3 自然冷媒「水」を利用したノンフロンガス冷暖房システム

冷媒は「水」。ノンフロンの自然冷媒を使用し、環境性を極めたシステムです。

メリット4 再生可能エネルギーを有効活用

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)は、太陽熱や木質ペレットなどの再生可能エネルギーの有効活用により、さらなるCO2の削減が可能となります。また、クリーンな都市ガスでバックアップすることで、供給量が不安定な再生可能エネルギーの活用でも、安定した能力の発揮が維持できます。

メリット5 廃熱利用でさらなる省エネ

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)は、多様な熱エネルギーを回収して冷熱に交換することができます。ガスコージェネレーションシステム(コージェネ)の廃熱を利用したジェネリンクでは、さらなる省エネ・省CO2を実現します。

ジェネリンクシステムフロー

ガスコージェネレーションシステムの廃熱との組み合わせ

※冷房定格値比較