エネルギーマネジメントシステム

東京ガスグループのノウハウを活かして需要を予測し、ICTで最適運用を実現。

サービス詳細

ニーズに合わせてさまざまなエネルギーマネジメントシステムをご用意。

スマートマルチ 最適制御サービス(エネシンフォ)

「エネシンフォ」とは

エネシンフォとはスマートマルチを遠隔から最適制御するサービスに、メンテナンスやエネルギーの見える化サービスを合わせた、
東京ガスのワンストップサービスです。

最適制御とは?

お客さまのご使用状況に合わせて、遠隔から自動で省コスト※となるよう運転制御することです。
東京ガスでは、負荷予測、機器特性、外気温、ガス・電気料金を考慮し、省コスト運転を実現します(省コストモード時)。

GHP省エネ運転サービス(グリーン・ヘルプ・スマート)

「グリーン・ヘルプ・スマート」とは

インターネット経由でガスヒーポンを自動制御し、お客さまに代わって省エネ運転を行います。室温に応じて、快適性を損なわない範囲で省エネ運転を行うため、"手間なく、無理なく"の省エネが実現できます。また、機器の省エネ運転の状況を専用WEBサイトで閲覧できます。


※グリーン・ヘルプ・スマートは、「GHPエグゼア」シリーズのみのサービスです。遠隔監視アダプタを設置・接続する必要があります。
おまかせ省エネ運転

室外機を遠隔制御することで、室内を快適に保ちながら、省エネ運転を自動で行います。



CGS・セントラル空調熱源機 最適制御サービス(Helionet Advance ヘリオネット アドバンス)

「Helionet Advance (ヘリオネット アドバンス)」は、遠隔制御により、お客さまの施設に設置したガスコージェネレーションシステム(CGS)やセントラル空調熱源機などのエネルギー設備の自動最適運用を実現するサービスです。あわせて、遠隔監視による故障予知や省エネ運転支援も行います。

 ※「Helionet」は、東京ガスエンジニアリングソリューションズ㈱の登録商標です。

お客さま先の電力・熱の実績データと気象情報から、翌日の電力・熱の需要を予測し、最適な運転計画を演算することで遠隔自動制御を行います。これまでの人による運用では難しかった毎日の気温変動などに合わせたきめ細かな運用が可能となり、より省エネ、省コストな設備運用が実現できます。