GHP(ガスヒーポン)

高効率のヒートポンプ技術で、環境面、経済面、快適面のニーズを同時に満足。

機器紹介

ガスエンジンでコンプレッサーを駆動し、高効率の冷暖房を実現する空調システム。

「GHP(ガスヒーポン)」とは、「ガスエンジン・ヒートポンプ・エアコン」の略。室外機のコンプレッサーをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプによって冷暖房を行う空調システムです。GHPの暖房では、エンジンを動かすために使用したガスの廃熱も利用するため、霜取り運転をする必要がほぼなく、電気式よりもパワフルでスピーディーな暖房を実現します。消費電力が電気のヒートポンプに比べて約10分の1になることから、契約電力に大きな余裕が生まれ、割引ガス料金制度もあるため、ランニングコストを大幅に節約できます。省エネ・省コストで年間を通じて快適な空間を創造します。

主な導入メリット

 高効率のヒートポンプ技術が、経済性、快適性、環境性、そしてエネルギーセキュリティを実現します。
メリット1 節電するならGHP
ガスヒーポン(GHP)は、ガスで空調を行います。電気式ヒーポン(EHP)に比べて、消費電力が大幅に少なくなり、電力需要を大きく抑制することができます。また、契約電力量が下がるため、電力基本料金を抑えることができます。
メリット2 快適性を求めるならGHP
ガスヒーポンは、ヒートポンプの暖房能力に加え、ガスエンジンの廃熱を有効利用するため、暖房の立ち上がりがスピーディ。また、外気温が低下しても暖房能力が左右されず、常に安定した暖かさをキープ。除霜運転が極めて少なく、パワフルな暖房を実現します。
メリット3 エネルギーセキュリティ 対策ならGHP

ガスヒーポンは、環境性に優れた天然ガスを利用。そして、東日本大震災以降高まっている「節電対策」「BCP(事業継続性)」「エネルギーの多様性」という新たなニーズにもお応えします。

停電時に発電する機能が付いたGHPは「ハイパワープラス」「エクセルプラス」シリーズとなります。

グリーン・ヘルプ・スマートでさらに省エネ

お客さまに代わって自動で省エネ

インターネット経由でガスヒーポンを自動制御し、お客さまに代わって省エネ運転を行います。室温に応じて、快適性を損なわない範囲で省エネ運転を行うため、"手間なく、無理なく"の省エネが実現できます。また、機器の省エネ運転の状況を専用WEBサイトで閲覧できます。

※グリーン・ヘルプ・スマートは、「GHPエグゼア」シリーズのみのサービスです。遠隔監視アダプタを設置・接続する必要があります。