GHP(ガスヒーポン)

高効率のヒートポンプ技術で、環境面、経済面、快適面のニーズを同時に満足。

機器紹介

ガスエンジンでコンプレッサーを駆動し、高効率の冷暖房を実現する空調システム。

「GHP(ガスヒーポン)」とは、「ガスエンジン・ヒートポンプ・エアコン」の略。室外機のコンプレッサーをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプによって冷暖房を行う空調システムです。GHPの暖房では、エンジンを動かすために使用したガスの廃熱も利用するため、霜取り運転をする必要がなく、電気式よりもパワフルでスピーディーな暖房を実現します。消費電力が電気のヒートポンプに比べて約10分の1になることから、契約電力に大きな余裕が生まれ、割引ガス料金制度もあるため、ランニングコストを大幅に節約できます。省エネ・省コストで年間を通じて快適な空間を創造します。

主な導入メリット

メリット1 電力のピークカットに貢献(省コスト化に貢献)
GHPは電気ヒートポンプに比べて圧倒的に消費電力が少ないため、逼迫した真夏のピーク電力削減に貢献します。
メリット2 消費電力量削減で快適に節電(省コスト化に貢献)
GHPはコンプレッサーを高効率エンジンで駆動させるため、電気ヒートポンプに比べ消費電力が10分の1となります。ハイパワーマルチなら100分の1となり、さらに節電が可能となります。
メリット3 GHPエグゼアへのリニューアルで省エネ、省CO₂、省コストを実現

GHPエグゼアはAPF(通年エネルギー消費効率)において、すべての機種でAPF5.4相当(※)以上。最高効率機では「APF5.7相当(※)」を達成し、ビル用マルチエアコンでNO.1を実現しました。なお、GHPエグゼアⅡならさらに約20%の省エネを実現します。
※:省エネ法に基づき電気1kWhを9,760kJとして、EHPのAPFに換算した数値(2011年4月1日現在、東京ガス調べ)。

さらに詳しい情報はこちら

メリット4 高効率(高APF)機導入により省エネを実現
部分負荷(機器の能力を100%必要としない低負荷時の運転)での効率向上の効果が大きい高APF機(※2)を導入すると、定格COPの向上効果以上にガス使用量削減効果が得られます。東京ガス管内におけるGHPの設置能力の総容量141kW以上の物件において、リニューアル前後のガス使用量を比較した結果、約35%の削減効果がありました。

グリーン・ヘルプ・プロでさらに省エネ

専用WEBサイトでGHPエグゼアの運転状況を見える化し、遠隔で自動制御することで、節電・省エネが可能です。