業務用給湯器(タフジェット)

高効率で環境に優しく、コンパクトでパワフルな業務用給湯器。

機器紹介

利便性が高いコンパクトでパワフルな業務用給湯器。設置場所選びに高い自由度を発揮。

「業務用給湯器(タフジェット)」は飲食店などの小規模な給湯で活躍する業務用給湯器です。コンパクトで高効率な瞬間湯沸器で、さまざまなニーズにお応えします。
「業務用給湯器(タフジェット)」を複数台連結した「タフジェットマルチ」はホテルや学校など幅広い業務用のお客さまに採用されています。屋外はもちろんのこと、地下街や、既存建物、機械室など、設置場所を選ばないタイプがあります。

ご相談無料!

厨房機器の導入、買い替えについてお気軽にお問い合わせください!

導入メリット

メリット1 コンパクト設計で省スペース
コンパクト設計なので場所をとらず、スペースを有効活用できます。また、ユニット方式の採用により軽量化を実現。搬入が簡単で組み立て費も大幅に削減できます。
メリット2 簡単操作で管理も容易
業務用給湯器(タフジェット)はご家庭用の給湯器と同様の瞬間湯沸器なので、ボイラ技士などの取扱資格者は不要。リモコンのスイッチを入れて蛇口をひねるだけでお湯が使え、掃除の手間や管理も省けます。
メリット3 豊富なラインナップ
レストランや居酒屋などの厨房のお湯から、ホテルやスーパー銭湯などで使用するお湯まで、幅広く対応が可能です。
大容量の給湯が必要な場合は、業務用給湯器(タフジェット)を連結させる「タフジェットマルチ」が対応。豊富なラインナップにより、ムダのない最適な給湯プランが立てられます。
メリット4 低NOx仕様で環境にやさしい
低NOxバーナーの採用により、NOx(窒素酸化物)の排出量を削減。クリーンな都市ガスをエネルギーとするので、ススや臭いが発生せず、周辺環境を守ります。
メリット5 貯湯タンクがなく、少流量でも高効率
必要なお湯を必要な時につくる瞬間式のため、熱ロスが少なくなります。また、小水量の使用でも湯温の変化がなく、安定して給湯します。

種類

号数(定格最大号数)
「1号」とは毎分1リットルの水を25℃(例:15℃→40℃)昇温する能力です。出力としては約1.74kW(1,500kcal/h)となります。
給排気方式
設置場所 種類 内容
屋外 屋外式 RF式(屋外式) 屋外に設置し、給排気を屋外で行うものです。
屋内 半密閉
燃焼式
FE式(強制排気式) 燃焼用の空気を屋内から取り、
燃焼排ガスを機器内の送風機を用いて
強制的に屋外に排出するものです。
ダクト
接続式
排気フード
受け型
単独での排気筒設置が困難な業務用厨房で、
機器の排気を所定の方法で排気ダクトに接続し、
燃焼用の空気を屋内から取り、 燃焼排ガスを排気ダクトから
強制的に屋外に排出するものです。
排気ダクト
直結型
密閉燃焼式 FF式
(強制給排気式)
給排気管を外気に接する壁を貫通して屋外に出し、
給排気用送風機により強制的に給排気を行うものです。
設置形態
壁掛型 建物の壁面に取り付ける方法です。
据置型 別売の据置台を使用床上に据え置く方法です。
単独設置 機器1台ごとに運転する方法です。
マルチ設置 複数台の機器を連結し、マルチコントローラーを使用して大能力の給湯設備として使用する方法です。
簡単連結 複数台の機器を専用コードで接続し、連結運転する方法です。 ※一部機種のみ対応
熱効率
通常型 熱効率80%前後(HHV)です。
高効率型 潜熱回収によって熱効率が93~95%(HHV)と高効率です。

高効率の秘密;潜熱回収(コンデンシング)の原理

最新の潜熱回収技術で高効率を実現
従来の一次熱交換器に加えて、二次熱交換器を搭載し、従来機では捨てていた廃ガスからエネルギーを回収します。廃ガス温度を約200℃から約80℃に下げることによる熱(顕熱)回収と同時に、廃ガス中に含まれている水蒸気を水に戻す潜熱回収により、熱効率93~95%(HHV)の高効率を実現しました。

ラインナップ・導入費用

デジタルカタログより機器のラインナップや導入費用の目安をご確認いただけます。

業務用機器リースサービス

東京ガスをお使いいただいているお客さまに、特別リース料率で業務用機器をお使いいただけるサービスです。
リース期間はお客さまに合わせてご提案いたします。