業種別ガイド|クリーニング店

設備導入やエネルギー選択に関して、経営上有益な機器やプランをご提案します。

クリーニング業界では、個人経営の店舗では後継者不足が大きな課題となっています。また、大規模チェーン店にて安価なクリーニングの提供が進んでいることもあり、店舗間の競合が激しくなっています。一方、消費者においては共働きの増加に伴い家事を外部委託する傾向が強まりつつある他、清潔志向からふとんなどをコインランドリーで定期的に洗うご家庭なども出てきています。

ガスと電気の「セット割」

たくさんのエネルギーを使用するので、電気も東京ガスに切り替えると、ガスとの「セット割」の適用で、電気料金の基本料金が割引になり、光熱費削減が可能です。

my TOKYO GAS ビジネス

東京ガスのガス、もしくは電気、あるいはその両方をご契約いただき、法人・個人事業主のお客さま向け会員サービス「my TOKYO GAS ビジネス」にご登録いただくと、毎月の使用実績と料金が照会できるようになります。エネルギーのコスト管理にかかる時間が短くできて、人件費削減につながります。

ガス蒸気ボイラ

重油の蒸気ボイラを扱うと、消防法上の規制があり、対応に労力を割かれますが、ガスの蒸気ボイラであれば、重油貯蔵の必要がなくなり、規制がなくなります。排気もクリーンで環境対策にも貢献します。

GHP(ガスヒーポン)

GHP(ガスヒーポン)を導入すれば、夏場の冷房で突出して電気を使ってしまうような電気冷房のように、電力の基本料金が上がってしまうこともなく快適に。冬場も立ち上がりが早いパワフル暖房で、作業環境が大幅に改善できます。