業種別ガイド|病院

平常時も非常時対策も。変化する環境や多様なニーズにオーダーメイドで対応。

「団塊の世代」がすべて75歳以上になる超高齢化社会の到来に向けて、医療と介護の一体的な改革が進められています。病床機能の分化・連携、在宅医療・介護の推進など「効率的かつ質の高い医療提供体制の構築」と「地域包括ケアシステムの構築」が急務となっています。「病院完結型」の医療から、地域全体で治し、支える「地域完結型」の医療への転換への対応が求められます。

最適運用サポート

エネルギーの最適運用を図るために、東京ガスの各種ICTサービスの活用や、東京ガスによるエネルギーに関する総合相談、エネルギー使用状況の把握、設備運用状況の検証、エネルギーの使い方・料金の見直しという一連のサポートサービスにより、省エネ・省コストを実現します。

最適エネルギーの構築

ガスと電気のバランスが取れたエネルギーシステムを構築し、より効果的なエネルギーの最適運用を実現します。ガスコージェネレーションシステム(コージェネ)、ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)、GHP(ガスヒーポン)、ガスボイラ、水冷チラー、ターボ冷凍機、インバーター盤など、お客さまに最適な熱源設備をご提案します。

電源セキュリティの強化

商用電力、重油焚の非常用発電設備に、信頼性が高い都市ガスで継続供給して稼働できる停電対応型ガスコージェネレーションシステム、UPS(無停電電源装置)を組み合わせることで、電源の多重化が図れます。停電が発生しても、重要な照明、空調、PCやエレベーターなど、重要な負荷(保安負荷)に電力が供給でき、事業継続を実現します。

エネルギーサービス

エネルギーサービスにより、設備の導入から運用・メンテナンスまで東京ガスグループがワンストップで実施します。

導入事例