業種別ガイド|ガラス

ガラスにも、東京ガスのオーダーメイドのご提案!

「ガラス」分野の工場のお客さまへ

ガラス分野でも、CO₂排出量削減、省エネルギー、省スペース、安定供給の観点から天然ガスへの転換が進んでいます。リサイクル可能なガラス製品の製造工程では、早くから高い廃熱回収を誇る蓄熱式ガラス溶解炉・酸素燃焼をはじめ、様々な工程で省エネルギー・効率化が図られてきました。近年、より省エネルギー・効率化を図るため、使用用途に合わせたバーナ開発や現場対応エンジニアリングで、省エネルギー・CO₂排出量削減のお手伝いをいたします。

オーダーメイドポイント

技術開発エンジニアリング力

専用の実験設備を使い、お客さまに適したバーナの開発を行っております。

現場対応エンジニアリング力

設備の使用状態を計測・診断し、更なる省エネルギーを提案いたします。

特長

【特長1】60%CO₂排出削減
A重油からの燃料転換と高度利用で低炭素に貢献します。
<排出原単位>A重油:2.71kg-CO₂/l 都市ガス:2.29kg-CO₂/m³N
【特長2】50%省エネルギー
酸素燃焼・酸素富化燃焼にともない空気中の窒素量が減ることで、省エネルギーを実現します。
【特長3】1600℃高温世界
天然ガスによる燃焼で、ガラス溶解「1600℃の高温世界」を実現します。
【特長4】黒煙ゼロ環境負荷低減
黒煙が出ないクリーンな排ガスで周辺への環境配慮に寄与します。
【特長5】1/20省スペース
LPGから都市ガスへの切換えで、供給設備面積を大幅に削減します。よりスマートに、よりコンパクトな設備へ。
LPG:10m×20m⇒都市ガス:2m×5m

主なガラス製造工程でも、天然ガス利用が最適です

【溶解】天然ガス専焼:ガラス溶解窯への技術提案
ガラス溶解窯を数値化
シミュレーション診断で設備改造の比較検討ができます。
実験炉
1MWまで燃焼可能
空気燃焼
純酸素燃焼
天然ガス専焼と酸素燃焼

技術開発エンジニアリング力を駆使し、専用の実験設備でお客さまに適した機器・バーナを開発いたします。

【除冷・歪取り印刷】バーナ形状自由化 温度分布の均一化
メタルニットバーナ
徐冷炉にバーナ形状を自由に設計可能で炉体側の改造を抑え、燃焼排ガスの利用により炉内温度の均一化を実現します。
【加工】火炎によるガラス加工
  • 酸素燃焼バーナ
  • 空気燃焼バーナ
  • 空気+酸素燃焼バーナ

ガラス加工技法別にさまざまなバーナのご提案をいたします。

【歪取り印刷】印刷焼付けに最適
ラジアントチューブバーナ
間接加熱なので、ガラス表面への印刷が有機質インキでも安心です。