ガスを安全にご利用いただくために

安全なガス栓・接続具

旧型ガス栓や古いタイプのゴム管をご使用のお客様は、お取り替えをおすすめします。また、ガス栓とガス機器は正しく接続しましょう。

旧型ガス栓のお取り替えのおすすめ

特に水や湿気などの影響を受けやすい厨房などの古いガス栓は、開閉が固くなっていたり、経年により劣化してガス漏れが発生したりしがちです。安全のために、最新型のガス栓への交換をおすすめします。

ヒューズガス栓

  • 万一ゴム管がはずれたり、途中で切れたりして多量のガス漏れがあったとき、自動的にガスを止めます。
  • 旧型ガス栓をお使いのお客さまは、ヒューズガス栓へのお取り替えをおすすめします。
ヒューズガス栓

こんな時はお取り替えをお願いします

  • 開閉が固く、まわしにくいことがある。
  • ゴム管の取り替えや取り外しが面倒。
  • 全体的に古くなり、サビなどがでている。
  • まわりがガス臭くなったことがある。
新しいガス栓+接続具のコンビにお取り替えをおすすめします。

空きガス栓の知識

機器を取り外したときは、接続具も一緒に取り外してください。接続具を再使用したり、接続具だけをガス栓に取り付けたままにしないでください。

ガス栓キャップ

接続具を外した後は、ガス栓にキャップをしてください。(ホースエンド・コンセント口部に傷や汚れがつくことを防ぎます。傷や汚れがつくことによって、次回ガス栓を使用する時にガスが漏れる恐れがあります。)

古いタイプのゴム管(赤・青・絹巻ラセン管)のお取り替えのおすすめ

赤・青ゴム管のお取り替えをお願いします

赤・青ゴム管にかわり、平成8年から耐久性が向上したソフトコードのみが販売されています。現在ご使用の赤・青ゴム管は、早急にソフトコードにお取り替えください。

赤・青ゴム管をソフトコードにお取り替えください。

絹巻ラセン管のお取り替えをお願いします

絹巻ラセン管は現在使われておりません。現在ご使用されている場合は安全性が高いガスコードなどにお取り替えください。

絹巻ラセン管

ガス栓とガス機器の接続

接続のポイント

  • コンセントを取り付ける際には、コンセントがカチッと差し込まれたことを確認してください。
  • ホースエンドにソフトコードを取り付ける際には、ソフトコードを赤い線までしっかり差し込み、ゴム管止めをソフトコードの先端付近までずらして固定してください。
接続のポイント

ソケットの選び方

ガス栓の先に障害物がある場合は、L型ソケット(ガスコードの場合は、L形状)を選択し、接続具に無理な力がかからないようにしてください。接続が不完全になり、ガス漏れの原因となります。

ソケットの選び方

ガス栓とガス器具の接続方法

誤った接続は、ガス漏れ・火災等の原因となります。

  • 接続する場合には、ガス機器及び接続具の取扱説明書をご確認のうえ、接続してください。 S型ソケットS型ガスコード× : L型ソケットL型ガスコード◯ 接続サイズ(9.5mm・13mm)、接続形状のあったものをご使用ください。 ガス栓とガス機器との接続組み合わせ例
  • オーブン等のガス機器であっても清掃等で機器を移動する必要があり、移動のためのキャスター等が付いているもの(大型移動設置型)は、ガスコード等を用いてコンセント接続することができます。
ページトップへ戻る
マイリスト開く
マイリスト閉じる

マイリスト

閉じる

気になる製品やページをご登録いただきますと、このマイリストからひと目でみつけることができます。ぜひご利用ください。
※マイリストを正しく表示するにはCookie 設定を必ず有効にしてください。
※マイリストは30日間保存されます。

マイリストに登録したページ

登録したページ 削除
選択したページを削除する

最近見たページ