エネルギーマネジメントシステム

東京ガスグループのノウハウを活かして需要を予測し、ICTで最適運用を実現。

サービス紹介

24時間365日、自動で手軽にエネルギーの効率的な利用を実現。

エネルギーマネジメントシステム(EMS)とは、電気、ガス、熱などのエネルギーの見える化や設備の最適運用などを実現するシステムです。ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を用いてエネルギーの使用状況を適切に把握・管理することで、お客さまの手を煩わせることなく省エネおよび負荷平準化など、エネルギーの効率的な利用を実現します。
東京ガスグループでは、多種多様なEMSをご用意しております。これらEMSをエネルギーサービスに組み入れ、お客さまに最適なソリューションをご提供します。

サービス詳細

ニーズに合わせてさまざまなエネルギーマネジメントシステムをご用意。

ハイブリット空調 最適制御サービス(エネシンフォ)

「エネシンフォ」とは

「エネシンフォ」とは、GHPとEHPのハイブリット空調「スマートマルチ」を遠隔で最適制御するサービスにフルメンテナンスやエネルギーの見える化サービスを合わせた東京ガスのワンストップサービスです。エネルギーも東京ガスにお任せいただくと、さらなるコスト低減が可能です。

電気とガスを最適な運転比率で制御

ハイブリット空調「スマートマルチ」を遠隔で最適運転制御し、お客さまの使い方やエネルギー需給状況、エネルギー価格等に合わせて、サーバ側から「スマートマルチ」のGHPとEHPを最適な運転比率で制御します。また、「スマートマルチ」の最適制御の他に、GHPの省エネ制御やEHP・照明機器等のデマンド制御を合わせて行うことも可能です。

GHP省エネ運転サービス(グリーン・ヘルプ・プロ)

「グリーン・ヘルプ・プロ」とは

「グリーン・ヘルプ・プロ」とは、インターネット経由でGHPを自動制御して、お客さまに代わって省エネ運転を行うとともに、その運転状況を「見える化」するサービスです。

4つのサービスの紹介
サービス1 お任せ省エネ運転機能

室外機を遠隔制御し、快適性を維持しながら、自動で省エネ運転を行います。

サービス2 室内機消し忘れ管理(パトロール機能)

室内機をパトロールし、消し忘れがあった場合は自動で停止します。

サービス3 室内機設定温度管理 (パトロール機能)

室内機をパトロールし、設定温度が変更されている場合には、自動で所定の管理温度に戻します。

サービス4 見える化サービス

専用のWebサイトで省エネ運転の状況や室外機・室内機の運転状況などを確認できます。

簡易ビルエネルギーマネジメントシステム(楽省!BEMS)

ガス・電気の設備の省エネ・節電を実現する最適制御

楽省!BEMSは、東京ガスがお客さまの設備の運転状況やエネルギーの使用状況を遠隔で見守り、省エネ・節電をサポートするシステムです。
中小規模施設のお客さまを対象に、ご利用されているEHP、照明、換気などの電気設備やGHP(ガスヒーポン)、ボイラ、ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)などのガス設備の運転を、東京ガスがまとめて遠隔で管理いたします。データ分析をもとに最適な制御を行うため、確実に省エネにつながります。

見やすい!&使いやすい!タブレットアプリケーション

他にも、さまざまな制御メニューをご用意しております。

導入事例

エネルギーマネジメントシステムのご導入事例のご紹介。

大規模オフィスビル

商業施設

デジタルカタログ

ビル全体や機器単体をエネルギーマネジメントするシステム。