ガスの安全利用ガイド

ガスを安全に、快適に、お使いいただくために。

安全のチェックポイント

ガスを安全・快適にお使いいただくためのチェックポイントをご確認ください。

ご注意

・ガスを安全に、快適に、お使いいただくために、ご使用前に必ず取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。また、日頃ガス機器をご利用になる方々にも徹底をお願いします。
・ガス機器使用時の不快な臭いや炎のあふれ、機器本体の異常な過熱などがあるときは、使用を中止し、東京ガスにご連絡ください。点検や修理が必要な場合は機器を購入された販売店にご依頼ください。
[警告] この表示を無視して誤った取り扱いをすると、使用者が死亡または重傷を負う可能性が想定されていることを表しています。
[注意] この表示を無視して誤った取り扱いをすると、使用者が傷害を負う可能性が想定されること、および物的損傷のみの発生が想定されることを表しています。
 

使用前のポイント

警告

ガス機器はガスの種類に合わせて

  • ガス機器とガスの種類が合っていないと、不完全燃焼を起こし大変危険です。その場合は、ガス機器の調整が必要ですので、東京ガスにご連絡ください。
注意

ガス栓とガス機器の接続はしっかりと

  • ガス栓とガス機器は、適正な接続具で正しく接続してください。
  • ゴム管はときどき点検し、ひび割れや固くなる前に、早めにお取り替えください。
  • 三つ又継手や異径継手は、ガス漏れやゴム管はずれの原因となりますので、使用しないでください。
注意

特殊な機器をお使いのみなさまに

  • 酸素・圧縮空気などと都市ガスをあわせてお使いになるときは、ご使用前に東京ガスにご連絡ください。
  • 炉・大型ボイラーなど、特殊な機器の設置や撤去の際は東京ガスにご連絡ください。
  • 工場などの特殊な薬品を使用する場所に設置するガス機器は、密閉燃焼式または屋外設置式をお選びください。

使用中のポイント

警告

ガス機器の使用中は常に換気を

  • ガス機器をお使いになるときには、必ず換気してください。
注意

点火・消火と炎の色は自分の目で確認

  • 点火した後は、必ず着火したかどうかをご確認ください。
  • 消火のときも、炎が消えたのをご確認ください。
  • ガス機器使用中は、煮こぼれなどによる立消えにご注意ください。また、立消え安全装置付きガス機器をおすすめします。
  • ガス機器のバーナーは、煮こぼれなどで炎孔がつまらないよう、ワイヤーブラシなどでときどき掃除をしてください。
  • いつも青い炎で燃えるよう、空気口の調節も忘れずに行ってください。

あとかたづけのポイント

警告

閉店・退社時にはガス機器を止めて

  • 閉店または退社されるときは、ガス機器が完全に止まっていることをご確認ください。
  • 使用していないガス栓には、必ずガス栓キャップを取り付けてください。
  • 日頃から、ガス栓や接続具のある場所をご確認ください。

増改築時のポイント

警告

給排気設備の先端をシートなどで覆わないで

  • 増改築工事などで排気筒を取り外したり、塗装工事のために給排気設備をシートなどで覆ったりした場合は、ガス機器を使用しないでください。排気ガスが屋外に排出されず室内にあふれ、酸素濃度の低下により不完全燃焼を起こし、一酸化炭素による中毒や死亡事故につながる場合があります。
注意

工事中はガス設備に注意

  • 建物や施設などの改装や敷地内を掘る工事を行うときは、東京ガスへご連絡ください。工事の際は、ガス設備に十分ご注意ください。
  • 改装及び工事完了後、ガス設備の点検・調査を希望される場合は、東京ガスへご依頼ください。
敷地内のガス設備は、お客さまの所有物となります。
*なお、ガスメーターは、東京ガスの所有物となります。

業務用ガス安全システム

ガス漏れ警報機器やガスしゃ断装置などの設置をおすすめします。
また、定期的な作動点検を習慣にしましょう。

簡易自動消火装置

 フード内などで火災が発生した場合に、自動的に消火する装置です。

緊急ガスしゃ断装置

ガス漏れなどの緊急事態が起こったとき、防災センターや守衛室などから遠隔操作で、建物全体のガスの供給をすぐにしゃ断できる装置です。大きな地震などの場合に、自動的にガスをしゃ断するためには、感震器との連動が必要となります。

業務用自動ガスしゃ断装置

閉店後などにメーターガス栓を閉める代わりに、ボタン操作だけでしゃ断弁を開閉できる装置です。
また、内蔵した安全機構によりしゃ断弁を開けるとき、ガス栓やガス機器のつまみなどがまちがって開いていないか、自動的に確認するもので、ガス漏れ事故を未然に防ぐことができます。
建物内のテナントごとの、設置をおすすめします。

ガス漏れ警報器・警報設備

  • 万一屋内でガス漏れが起きた場合、漏れたガスをすばやく検知して知らせるガス漏れ警報器や警報システムの設置をおすすめします。
  • 警報システムは、防災センターなどにガス漏れの発生場所を表示するとともに、警報音で周囲の人々にも警報します。
  • 特定地下街等及び特定地下室等ではガス漏れ警報設備が、超高層建物、特定大規模建物及び中圧の設備を有する建物ではガス漏れ警報器または自動ガスしゃ断装置の設置が、法令で義務付けられています。
  • 飲食店等のお客さまには、東京ガスが「業務用換気警報器」を無償設置しています。
安全設備はときどき作動点検しましょう
ガス漏れ警報器は正しい位置に取り付けられていますか。ガス漏れ警報器やガスを自動しゃ断する安全装置などを、ときどき作動点検していますか。
建物内の各テナントの方は、建物全体の安全設備についても、その設置場所や機能を確かめ、いざというときのために、操作方法や避難方法の訓練をしておきましょう。
ご注意
業務用警報器は次の機種です。
  • YS-713C(AC100V、壁掛けタイプ)
  • SC-715C(AC100V、壁掛けタイプ)
  • SC-802C(AC100V、天井付けタイプ)
  • FJ-8241D(DC24V、天井付けタイプ、ガス漏れ警報設備用)

安全なガス栓・接続具

旧型ガス栓や古いタイプのゴム管をご使用のお客様は、お取り替えをおすすめします。
また、ガス栓とガス機器は正しく接続しましょう。

旧型ガス栓のお取り替えのおすすめ

特に水や湿気などの影響を受けやすい厨房などの古いガス栓は、開閉が固くなっていたり、経年により劣化してガス漏れが発生したりしがちです。安全のために、最新型のガス栓への交換をおすすめします。
ヒューズガス栓
  • 万一ゴム管がはずれたり、途中で切れたりして多量のガス漏れがあったとき、自動的にガスを止めます。
  • 旧型ガス栓をお使いのお客さまは、ヒューズガス栓へのお取り替えをおすすめします。
こんな時はお取り替えをお願いします
  • 開閉が固く、まわしにくいことがある。
  • ゴム管の取り替えや取り外しが面倒。
  • 全体的に古くなり、サビなどがでている。
  • まわりがガス臭くなったことがある。
空きガス栓の知識
機器を取り外したときは、接続具も一緒に取り外してください。接続具を再使用したり、接続具だけをガス栓に取り付けたままにしないでください。
ガス栓キャップ
接続具を外した後は、ガス栓にキャップをしてください。(ホースエンド・コンセント口部に傷や汚れがつくことを防ぎます。傷や汚れがつくことによって、次回ガス栓を使用する時にガスが漏れる恐れがあります。)

古いタイプのゴム管(赤・青・絹巻ラセン管)のお取り替えのおすすめ

赤・青ゴム管のお取り替えをお願いします
赤・青ゴム管にかわり、平成8年から耐久性が向上したソフトコードのみが販売されています。 現在ご使用の赤・青ゴム管は、早急にソフトコードにお取り替えください。
絹巻ラセン管のお取り替えをお願いします
絹巻ラセン管は現在使われておりません。現在ご使用されている場合は安全性が高いガスコードなどにお取り替えください。

ガス栓とガス機器の接続

接続のポイント
  • コンセントを取り付ける際には、コンセントがカチッと差し込まれたことを確認してください。
  • ホースエンドにソフトコードを取り付ける際には、ソフトコードを赤い線までしっかり差し込み、ゴム管止めをソフトコードの先端付近までずらして固定してください。
ソケットの選び方
ガス栓の先に障害物がある場合は、L型ソケット(ガスコードの場合は、L形状)を選択し、接続具に無理な力がかからないようにしてください。接続が不完全になり、ガス漏れの原因となります。
ガス栓とガス器具の接続方法

誤った接続は、ガス漏れ・火災等の原因となります。

  • 接続する場合には、ガス機器及び接続具の取扱説明書をご確認のうえ、接続してください。
  • オーブン等のガス機器であっても清掃等で機器を移動する必要があり、移動のためのキャスター等が付いているもの(大型移動設置型)は、ガスコード等を用いてコンセント接続することができます。

「業務用換気警報機」とは

飲食店等のお客さまに、換気忘れをお知らせする「業務用換気警報機」を無償設置しています。

東京ガスでは、平成18年11月から、一酸化炭素中毒事故を防止することを目的に、業務用厨房設備をお持ちの飲食店等のお客さま約18万件を対象として、「業務用換気警報器」の無償設置を実施しています。設置対象のお客さまは業務用の厨房内等でガスをご使用のお客さまです。

「業務用換気警報器」とは

縦125×横85×奥行33[mm]

業務用換気警報器は、ガス機器の不完全燃焼等により発生した一酸化炭素(CO)が人体に重大な影響を及ぼす前に、空気が汚れていることを音声によってお知らせし、換気の実施を促します。

センサーには新開発の電気化学式センサーを採用し、低濃度から高濃度まで高精度なCO検知を行います。さらに、人体中の一酸化炭素ヘモグロビン(COHb)濃度を逐次推定演算することにより、CO濃度の変動に応じた適切なタイミングでの警報をを行います。一酸化炭素濃度の値と、検知時間を組合わせた警報ロジックの採用によって、危険のない一時的なCOでは早鳴りせずに、精度よく必要な警報を発します。

※業務用換気警報器にはガスの漏えい検知機能はありませんので、ガス漏れ検知機能をもった通常の都市ガス警報器の設置も併せてお薦めいたします。

主な特長

【特長1】業務用厨房に適したセンサーです。

本製品の電気化学式センサーは、経年や湿度の影響による感度変化が極めて少なく、CO以外のガスに反応しないため、業務用厨房への設置に適したセンサーです。

【特長2】高度な警報判定で安全を確保します。

人体へのCOの影響はCOHb濃度と相関関係があります。本製品はCO濃度がどのように変化してもCOHb濃度を推定演算できるため、重大事故に至る前に必ず警報します。

【特長3】電池式で電源配線が不要です。

電池式のため、設置が容易です。省電力化により6年間電池交換の必要がありません。

【特長4】すっきりと落ち着いたデザインで厨房に溶け込みます。

すっきりとした形とライトグレーを基調とした落ち着いた配色により、厨房に溶け込みやすくなっています。

【特長5】わかりやすい音声で換気忘れをお知らせします。

ピッポッピッポッという電子音に加えて、「空気が汚れています。換気扇が回っていることを確認してください。東京ガスに連絡してください。」という音声で換気忘れをお知らせします。

【特長6】故障や電池切れをお知らせします。

万が一の回路の断線や電池の消耗をランプでお知らせします。

こんなに怖いCO中毒

ご注意

・CO(一酸化炭素)は、無色・無臭で感知しにくい気体ですが、毒性は強力です。
・手足がしびれて動けなくなることもあります。
・重症になると、脳神経細胞を破壊したり、意識不明や死亡に至ることがあります。
・軽い中毒症状は風邪に似ています。頭痛、吐き気、気分が悪いなどの症状を感じたら、ただちにガス機器の使用をお止めください。

[参考] CO(一酸化炭素)の人体への影響

一酸化炭素の性状は、空気とほぼ同じ重さ(比重(空気を1としたときの重さ):0.967)で、無色、無臭、無刺激のため、見分けることが難しい気体です。私たちの身体は生きていくために酸素が必要で、呼吸することにより酸素は血液中のヘモグロビン(酸素を運ぶ物質)と結びつき身体に運ばれています。このヘモグロビンは一酸化炭素との結びつきが強く酸素の200~300倍と言われています。このため、微量であっても一酸化炭素を身体に吸い込むと、酸素を運ぶ量が減るため身体が酸素欠乏状態となり、進行すると死亡に至ります。
一酸化炭素中毒症状
空気中における
一酸化炭素濃度
吸入時間と中毒症状
0.04% 1~2時間で前頭痛や吐き気、2.5~3.5時間で後頭痛がします。
0.16% 20分間で頭痛・めまい・吐き気がして、2時間で死亡
0.32% 5~10分で頭痛・めまい、30分間で死亡
1.28% 1~3分間で死亡

(出典:日本ガス協会ホームページより)

軽い一酸化炭素中毒になると、風邪に似た症状が出ると言われていますが、ガス機器を使用中に脱力感や頭痛などの症状が出た場合や目がチカチカしたり悪臭を感じたりした場合は、ガス機器の不完全燃焼が考えられますので、ガス機器の使用を中止し、点検を依頼することをおすすめします。

不完全燃焼警報機能付きガス漏れ警報器の設置をおすすめします。

ガス漏れ、あるいは不完全燃焼によって発生した一酸化炭素を検知した場合、ランプと音声でお知らせします。
飲食店等のお客さまには、東京ガスが「業務用換気警報器」を無償設置しています。