業務用焼き物器

業務用ガス厨房機器 よくある不具合と機器のお手入れ方法

業務用ガス厨房機器を安心してお使いいただけるよう、よくある不具合と対応方法、日常の点検やお手入れのヒントをまとめました。

よくある不具合の現象

「焼きムラがある。以前より焼き上がり時間が長い。」
おもな不具合の原因

  • 耐熱ガラスの劣化
     →耐熱ガラスが曇ったり、割れたりすることで、焼きムラの原因になります。
     専門業者に修理を依頼しましょう。
  • 赤外線バーナーの劣化
     →バーナーの目詰まりや破損が焼きムラの原因になります。焼き物器のバーナーは繊細な素材なので、専門業者に修理を依頼しましょう。

業務用焼き物器の自分でできるお手入れ

※お手入れの際は、やけど等にお気をつけください。
 

  • バーナー上部の耐熱ガラスは、常にきれいに保ちましょう。熱いうちに水につけるとガラスが割れてしまうので、ご注意ください。 
  • 汁受けに水を入れている場合には、こまめに入れ替えましょう。
     汁受けの水に、調理時の脂が貯まり油膜となって、その中水が沸騰する事故が起きています。十分ご注意ください。
※赤外線バーナーは繊細な素材なので、修理は専門業者に依頼しましょう。

※お客さまご自身で実施されたンテナンスによる機器の破損については、弊社は責任を負いかねますので、くれぐれもご注意ください。
不安がある場合には専門業者に依頼しましょう。

東京ガスの「ずっとも安心サービスビジネス」なら業務用厨房の点検を無料でサポートしています。
詳しくは「ずっとも安心サービスビジネス」ページをご覧ください。